警視庁・捜査一課長 season5の見逃し動画を1話から無料視聴する方法【最新話まで】

警視庁・捜査一課長 season5の動画を無料視聴する方法

「警視庁・捜査一課長 season5」

業界ナンバー1の動画配信サービス「U-NEXT」

第1話から最新話まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「U-NEXT」31日間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<U-NEXTのおすすめポイント>
 
・国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
・映画、ドラマ、アニメなどのジャンルで見放題作品数でNo.1
・スマホ、テレビ、PS4などで動画が視聴可能
・追加料金無しで最大4人まで同時に視聴することができます
・70誌以上の雑誌が読み放題でダウンロードできる
・無料期間後は、月々2189円で継続でき、毎月1200ポイントもお得
 
<U-NEXTユーザーの声>

30代女性

14万本以上の動画が見れて、それがしかも見放題というところに惹かれました。1か月だけお試しで入ったけど、何より新作映画が見れたことがビックリでした。動画も綺麗でチラツキや音声の乱れもなくてサクサク鑑賞できました。また、ダウンロード機能がついているので、家でスマホにダウンロードして通勤中で電車で見ることもできて便利です♪かなり充実している動画配信だと思います

警視庁・捜査一課長 season5の見逃し動画まとめ

■第1話から最新話までフル動画の視聴方法■

今すぐU-NEXTで動画を見る

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用することをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画>第2話
 
まだ放送されていません
 
<予告動画>

第2話の公式あらすじ

“矢印だらけの遺体”が見つかったという知らせが入り、警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)はすぐさま急行。臨場したところ、『インターネットカフェ 5階→』と矢印が描かれた看板の上にベテラン看板職人・丹下弥一(佃典彦)が倒れていた。丹下はビル屋上でこの看板の取り外し作業をしていたところ、何者かに突き落とされたらしい。また、遺体のそばには『明日のエステ→』という矢印がデザインされた缶バッジが残され、丹下が乗ってきた軽トラックの助手席からは、矢印のモチーフがついたヘアピンも見つかっていた。
 現場資料班の平井真琴(斉藤由貴)は、丹下が両手を下のほうに開いて矢印のような体勢で亡くなっていることに気づき、絶命寸前、彼が何かを伝えようとしたのではと直感。丹下が身体で指し示した矢印の方向に、“明日のエステ 8階→”という看板があることがわかる。
 “明日のエステ”は、かつて引きこもりでギャルだったという経歴を持つカリスマエステティシャン・矢向直美(石川恋)がオーナーを務めるサロンで、施術そのものよりも直美が顧客の悩みを聞いてアドバイスするカウンセリングが評判の店だった。「明日へ、まっすぐ!」というわかりやすいキャッチフレーズを掲げる直美は、悩める人々の背中を押すようなエッセイ本まで出版していた。
 まもなく、遺体のそばにあった缶バッジは先週末、直美の出版記念サイン会で配られたものと判明。丹下はサイン会を訪れていたのだろうか…!? 直美は丹下のことなど覚えていないと言い張るが、大岩たちは彼女が何かを隠していることを感じ取り…!?
 
<出典>テレビ朝日公式

第2話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします
第2話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします

<見逃し動画>第1話
 
Tverで見る
 
第1話の公式あらすじ

IT企業のシステム担当役員・芦田真司(濱津隆之)の遺体が、東京・芝浦の運河で見つかった。事故なのか事件なのか――捜査の開始を告げる捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)に、芝浦署で刑事課に配属になったばかりの勝又克樹(鈴木仁)が捜査本部入りを直訴してきた。しかし、聞き込みに出た勝又が目撃情報として持ち帰って来たのは、「犯人を見た」という双子の幼稚園児が描いた2枚の絵。しかも、それらは画用紙全体が真っ黒に塗りつぶされており、小山田管理官(金田明夫)はあきれてしまう。
 
そんな中、芦田が勤めていたIT企業の社長・蓮見才子(水崎綾女)からクレームが入った。才子は、芦田が開発中のプログラムを社外に持ちだそうとして近々厳しい処分が科せられる予定だったことを明かし、自殺に違いないと強く主張。捜査から手を引けと圧力をかけてきた。そんな才子の様子に、大岩は猜疑の念を抱く。
 
その矢先、またしても芝浦で殺人事件が発生。被害者は雑誌編集者・宝生綾女(里々佳)で、彼女がコラムの連載を担当していたイラストレーターの桐野梨子(伊原六花)が行方不明とわかる。しかも事件発生時、現場から梨子らしき女が逃げ去る姿が目撃されていた。
 
臨場した現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)は、現場近くを走る梨子の姿を発見! 勝又とともに、どちらが先に梨子を確保できるか対抗しながら追跡を開始する。しかし大学時代、駅伝選手だった上、ギリギリまで追い込まれると燃えるタイプの梨子にはなかなか追いつくことができず…!?
 
<出典>テレビ朝日公式

第1話のネタバレはここをクリック
事故か、事件か
ある日の早朝、芝浦運河で、ある男性の不審死した遺体が見つかった。被害者は、IT企業のシステム担当役員・芦田真司。
 
死因は、心臓を患っており、心不全。目立った外傷もなく、事件か、事故か、現時点では判別できない。
 
通報してきたのは、芦田の娘・香苗だった。香苗は、芦田の帰りが遅いため、110番通報したらしい。
 
芦田の勤めていたIT企業は、蓮見才子という人物が興した会社で、金に物を言わせ、政界とのパイプも持っている。
 
そのため、捜査に非協力的である。芝浦署の勝又が、犯人を見たという、双子の幼稚園児の、クレヨンで黒塗りになった絵をお台場で発見するが、今のところ、それが何なのかは分からない。
 
そんなとき、同じ芝浦の運河近くで編集者・宝生綾女が他殺体で発見される。
 
宝生は、編集長・淡井にかなり厳しく締め切りについて追い込まれており、中でもイラスレーターの桐野梨子は、とりわけ原稿の上がりが遅くて、手を焼いていたらしい。
 
こうして、芝浦署に大岩の号令で、捜査本部が設置される。鑑識の古代によると、桐野は自宅にはおらず、なおかつ、防犯カメラには、殺害時間直前まで宝生が桐野の自宅にいたことが分かっていた。
 
宝生の遺体の第一発見者、田中鈴は、紫色のパーカーを着た桐野が現場から走り去ったのを目撃していた。
 
 
絵本で告発
ところが、桐野にはアリバイがあった。宝生の死亡推定時刻、桐野は、レインボーブリッジのコースを走ろうとしていたのだ。
 
これで、田中は証言を変え、実は、宝生の上司、編集長の淡井であるという。
 
しかし、淡井は、編集部のデスクにおり、今朝の電話もオンラインで繋がっていた。
 
そこで、淡井から、こんな話を聞く。宝生は、死亡直前、絵本の編集に携わっており、その絵を描いていたのも桐野だというのだ。
 
そもそも、宝生と桐野は、同じ大学の先輩、後輩であった。そして、大岩の聞き込みで、香苗は宝生を知らないと言ったが、家にあった特殊なケーキから、それは嘘だということも分かってきた。
 
さらに、1週間前、絵本のストーリーが急に変更になっていた。その変更部分の筋書きがこうだった。
 
巨大なIT企業に泥棒に入り、危険なコンピュータウィルスから世界を守る。
 
1週間前といえば、ちょうど、芦田が会社のデータを盗み出そうとして、処分を受けた時期と重なる。
 
そんなとき、桐野が、芦田のスマホを所持していたので、連行され取り調べを受ける。
 
だが、桐野は、芦田とは面識はないが、そのスマホは、ポストに入っていただけだというのだ。
 
おそらく、芦田は、桐野の描く絵本のなかで、会社の違法を告発しようとしたのではないかと思われた。
 
ところが、肝心の原稿は、その変更部分のものだけが見つかっていなかった。
 
 
闇の中の真実
そんななか、桐野がいなくなったと、張り込んでいた勝又から連絡が入る。
 
しばらくすると、田中が自宅で殺害されて発見された。死因は、ナイフで胸をさされ、ショック死していた。
 
そして、通報してきたのは、いなくなったはずの桐野だった。その現場には、誰が撮影したかは不明だが、田中が宝生を殺害した証拠写真があった。
 
さらに、田中のPCからは、芦田のスマホのデータ消去に使用したものと一致したウィルス・プログラムが見つかる。
 
これにより、実行犯・田中が芦田、宝生を殺害し、その指示を蓮見がした可能性が出てきた。
 
桐野はまたも連行されるが、黙秘していた。状況証拠からは、どう見ても田中を殺害したのは、桐野しかいないように思われた。
 
しかし、平井には、どうしても田中を殺害したのが、桐野だとは信じられない。
 
事件は大詰めを迎え、一斉捜査開始の号令を大岩が発する。その結果、田中を殺害したのは、淡井だと判明。
 
蓮見から指示で田中から金を受け取り、告発の記事をもみ消すように言われた淡井。
 
淡井は、宝生殺害現場を盗撮し、田中に自首を勧めたが、無視されたため逆上してしまったらしい。
 
ちなみに、大岩の言葉に初心を思い出した蓮見も、その後謝罪会見し、リスタートした。
 
そのことは、双子の描いた黒い部分をペンでなぞると、浮き上がって来た状況と見事に一致していたのだった。
第1話の感想はここをクリック
このテイスト、空気感、独特の感じがして、とても新鮮だった。
 
別段、このシーズンから、見ても充分に楽しめる作品であると思う。
 
確かに、一見笹川のくだりなどは、コント染みていて、最初は違和感をもつかもしれない。
 
だが、それが、凶悪犯罪や難事件に立ち向かう大岩はじめ、刑事たち、ひいては、それを緊張して見守る視聴する我々をリラックスさせ、重大なヒントも与えてくれる重要なキャラだと思う。
 
リアルなフィクションもいいが、勧善懲悪、あり得ない決め台詞、熱い正義感など、挙げればキリがないほど、作り上げた刑事ドラマである。
 
そこが、いい。安心して、視聴できる。個人的には、水戸黄門とか、遠山の金さんなどを連想させ、そう言ったゴールデンタイムに家族みんなで視聴できるドラマではないかと思う。
 
そういうわけで、これから、約3ヶ月、木曜日が来るのが、楽しみになるような作品だ。

警視庁・捜査一課長 season5の内容

公式サイト

物語の舞台は、警視庁の花形部署、捜査一課。400名以上の精鋭刑事を統率する捜査一課長は、ヒラ刑事から這い上がってきたノンキャリアの“叩き上げ”が務める、警察組織内でも特殊なポストです。都内で起きるすべての凶悪事件に臨場し、いくつもの捜査本部を同時に指揮しながら捜査方針を決めるなど、極めて重い責務を担っています。
 
しかし、このドラマの主人公・大岩純一捜査一課長は、スーパーマンのように鮮やかに事件を解決するわけではありません。大岩は窮地に立たされても、ただひたすら信頼する部下たちと共に一歩一歩、地道な捜査を重ねるのみ。苦悩しながらも重責を果たしていくその姿は人間味にあふれており、まさしく“等身大のヒーロー”です。 
大岩を演じるのは、捜査一課長と同様、名もなき端役からキャリアを積み上げてきた“叩き上げ俳優”内藤剛志! 内藤が今年も颯爽と“チーム一課長”を束ね、“理想の上司”を熱く体現していきます。
 
<出典>テレビ朝日公式

<出演者>

・大岩純一:内藤剛志
・平井真琴:斉藤由貴
・笹川健志:本田博太郎
・板木望子:陽月華
・井上孝介:菊池隆志
・武藤広樹:矢野浩二
・天笠一馬:鈴木裕樹
・奥野親道:塙宣之
・大岩小春:床嶋佳子
・小山田大介:金田明夫

第1話から最新話まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「U-NEXT」31日間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

警視庁・捜査一課長 season5の感想

感想が集まり次第、公開いたします