ラブコメの掟の見逃し動画を1話から無料視聴する方法【最新話まで】

ラブコメの掟の動画を無料視聴する方法

「ラブコメの掟」

動画配信サービス「Paravi」

第1話から最新話まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「Paravi」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<Paraviのおすすめポイント>
 
・TBS系列の人気ドラマやテレビ東京系列の人気ドラマが見放題
・最新の連続ドラマやバラエティ番組も見逃し配信
・アニメ、海外ドラマなどParavi独占でラインナップ!話題の新作映画も
・スマホのアプリでは動画のダウンロードも可能
スマートフォンパソコンは もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々1017円(税込)で継続できる
 
<Paraviユーザーの声>

20代女性

下町ロケットが見たくて、登録したところ、登録後すぐに動画を見れて便利だなって感じた!スマホのアプリで見れるし、すぐ見れるところがとにかくお手軽。他の動画配信サービスでは配信されていないTBSやテレビ東京の独占ドラマがあり、ドラマ好きには必須の動画配信サービスだと思う。また、水曜日のダウンタウンなどのバラエティ番組も充実してるから、自宅で退屈なときに重宝してる♪

ラブコメの掟の見逃し動画まとめ

■第1話から最新話までフル動画の視聴方法■

Paravi

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用することをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画>第3話 
 
まだ放送されていません
 

第3話の公式あらすじ

ロマンチックな夜景スポットで「いつもフラれてばかり」と意外な事実を亮(小関裕太)から聞かされた瑠璃(栗山千明)。カッコつけて一人で帰ろうとした矢先に、つまづき亮に抱きかかえられ、そこからの…まさかのキス!!一夜明け、悶々として眠れなかった瑠璃は「あれは事故キス」と動揺を収めようとする。
職場でも亮を意識しないよう亮のことを「ただの電柱」と思いこもうとする瑠璃。そんな瑠璃の気持ちを知ってか知らずか、亮は「今週末デートしませんか?」とさらなる誘いをかけてきた!亮が選んだのは遊園地。遊園地と言えば“観覧車で何かが起きる”のが少女漫画の定番。手に汗握る、二人のラブの行方は!?
 
<出典>ラブコメの掟公式

第3話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします
第3話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします

<見逃し動画>第2話 
 
Tverで見る
 

第2話の公式あらすじ

酔っぱらって記憶をなくし、目覚めたら自分の部屋で隣に亮(小関裕太)の寝顔が。酔っぱらった勢いで瑠璃による恋愛指南として二人はお付き合いをする話になっていた。余裕をかまし亮を送り出す瑠璃だったが内心は「できっこない!」と動揺を隠せない。そんな瑠璃とは対照的にオフィスでも亮は平常モード。モヤモヤする瑠璃。そうした中、亮から「今日、一緒に帰りませんか?」と誘われ…。弟・惇太(草川拓弥)も助けてくれず、焦る瑠璃は、亮に連れられ夜景スポットへ。瑠璃の二人の“恋愛指南”ラブに思わぬ進展が!?
 
<出典>ラブコメの掟公式

第2話のネタバレはここをクリック

真宮の先制攻撃

「パーフェクトウーマン」の瑠璃は、部下の、「ミスターパーフェクト」真宮から、恋愛相談を受ける。
 
瑠璃は、日頃から得ている、少女漫画の知識を使って、この難関を突破したかに見えた。
 
しかし、瑠璃は、調子に乗って酒に飲まれ、酔いつぶれたところ、真宮が部屋まで送ってきてくれる。
 
瑠璃が目覚めると、ベッドの脇に真宮は寝ていたのだが、真宮も目を覚まし、昨晩、お試しで瑠璃と付き合って、恋愛指導をする約束をしたという。
 
これには、面食らったが、覚えてないし、部下の頼みとあっては断れず、表向き快諾した素振りをするのだった。
 
しかし、少女漫画のおかげでここまできて、恋愛経験がまるでない瑠璃にとっては、恋愛指導をする自信なんて微塵もなかった。
 
とりあえず、真宮と瑠璃は、それぞれに着替えて、改めて出勤する。いきなり、真宮と遭遇してしまい、身構える瑠璃に、真宮は業務連絡をしてくる。
 
そのあとも、真宮は、恋人モードを封印したまま、何もアクションは、起こさない。
 
むしろ、瑠璃のほうが、いちいち、真宮の言動が気になって仕方がない。あるとき、瑠璃のPCのトラブルが発生。
 
これを、真宮がいち早く察知して、至近距離で瑠璃を助けてやる。そもそも、男子とこんな至近距離でコミュニケーションをとったこともない瑠璃は、動揺を隠せない。 
 
このとき、真宮が仕掛けてきた。今日、一緒に帰りませんか? と。瑠璃は、それを聞いて、真宮を会議室へと呼び出したのだった。
 
 

オフィスラブ指導

瑠璃は、まず、公私混同は良くない、よって社内での恋愛指導は禁止すると、宣言する。
 
すると、真宮は、社内恋愛についても指導してほしいという。どうやら、この社内に意中の人がいるらしいのだが、それでは、仕事中も落ち着いて居られなくなる。
 
そこで、瑠璃は、むしろ、社内恋愛こそ、仕事中は仕事の関係に徹することで、よりプライベートが充実するという、少女漫画の知識を披露する。
 
渋々、真宮は、納得したものの、今日一緒に帰ることに、何ら変わりなく、むしろ、期待を持たせてしまった瑠璃。
 
瑠璃の緊急事態には、変わらなかった。背に腹は代えられない。こんなときのための、姉弟なのだ。
 
瑠璃は、惇太に救援を要請し、帰り道の道すがら、二人の様子を後ろからモニタリングをして、メッセージで瑠璃に指示を出す。
 
始めは、赤の他人のように距離をとって歩いていたが、これはあまりに不自然なので、惇太に注意される。
 
真宮は、二人でいるとき、どんな話をすればいいか、訊いてきた。惇太もそれは、返答に困ったが、それが逆に怪我の功名となり、二人の距離は近づいていった。
 
 

アクシデント

二人は、どちらからともなく、歩調を合わせ、寄り添って歩いていた。ここで、惇太が離脱する。すると、真宮が、瑠璃と行きたいところがあるという。
 
そこは、イルミネーションのキレイな噴水の見られる、幻想的な場所だった。
 
真宮は、ここにいつか、意中の彼女を連れて来たいらしい。その彼女は、真宮が生まれて始めて自分から好きになったひと。
 
これまでは、すべて相手から告白されて付き合って、振られてきたという真宮。
 
真宮は、そんな彼女を片思いし始めて、もう2年が経つという。
 
ちゃんと、一人のひとを思い続けるなんて、羨ましい。つい、本音が出てしまう瑠璃。
 
真宮は、そんな瑠璃が新鮮で、素敵だと言ってくれた。そんなこと、言われたこともない瑠璃は、これに予想外のダメージを負う。
 
そして、帰りは、適当に理由をつけて一人でとっとと帰ろうとしたとき、ヒールが石畳に挟まって、瑠璃は前傾姿勢で倒れ込んだ。
 
その瑠璃の唇と真宮の唇が触れ合った。二人は、すぐに離れて、真宮は謝ってしまうし、瑠璃は、混乱したが、気にしてないと、誤魔化し真宮を置いて、その場を足早に後にしたのだった。

第2話の感想はここをクリック
今更ながら、よく有りがちな少女漫画チックで、鉄板と言うか、掟と言うか、瑠璃が気づいてないだけで、真宮が好きなのは、瑠璃だと思う。
 
もしそうだとしたら、真宮も面と向かってストレートに言えないところが、とてももどかしく、回りくどいことをしたものだ。
 
あくまでも、これは個人的見解だけど、そう考えると、タイトルの『ラブコメの掟』というところも合点がいく。
 
今回、真宮は納得してない様子だったが、社内恋愛は、仕事中、必要以上の接触は瑠璃によって禁止された。
 
こうすることで、メリハリが出来、よりプライベートが盛り上がると力説した瑠璃。
 
だが、肝心のプライベートに何かと問題があるのが、瑠璃である。プライベートでは、完全に二次元の沼で生きる瑠璃である。
 
そんな瑠璃が、次回、人生初と言っていい、遊園地デートへと行くらしい。
 
当然、手をつなぐし、そうなってくると、さすがに、事故とは言え、一度キスしてしまった二人である。
 
どちらかというと、瑠璃のほうが、理性が崩壊して、恋愛に溺れてしまうのではないだろうかと心配である。
 
次回、パーフェクトウーマン・瑠璃は、どのように、この絶体絶命のピンチを脱するのだろうか。
 
次回も、そんなところを楽しみに期待して、見守りたいと思う。

<見逃し動画>第1話 
 
Tverでの配信は終了しました
 
<予告動画>

第1話の公式あらすじ

九条瑠璃(栗山千明)は、電子コミックの編集部で働く優秀なアラサー。パーフェクトな外見と言動から恋愛経験豊富と思われてきた。しかし実際は、15年前の大学時代に彼氏が一瞬いただけの恋愛ド素人。
そんな瑠璃が、“見た目も中身もパーフェクト”な職場の後輩・真宮亮(小関裕太)から突然、飲みに誘われ恋愛相談を持ち掛けられる。「誰と付き合っても3か月以上続かない」と打ち明ける亮に「あなたがまだ本当の出会いをしていないだけよ」とドヤ顔で答える瑠璃。これもすべて瑠璃が少女漫画から得た知識!しかし…飲みすぎた瑠璃が翌朝目を覚ますと、隣には亮の姿が!瑠璃の頭の中は大パニック。そして、なぜか瑠璃は亮に恋愛指南をすることに!理想の彼氏像を体現していく亮に瑠璃の15年ぶりのトキメキが止まらない!
 
<出典>ラブコメの掟公式

第1話のネタバレはここをクリック
表と裏
九条瑠璃は、35歳、独身。現在は、少女漫画を主に扱う電子書籍の編集長。
 
そんな瑠璃は、とにかく完璧だった。仕事もできれば、人望も厚い。通称は、瑠璃姫である。
 
今日も、出社してくると、部下の女子社員たちからバレンタインデーのチョコを貰ってしまう。
 
仕事も順調だった。4月から配信が始まるコンテンツも無事に出揃い、ランキング入りを目指し、今後も一丸となって、より一層の努力をするように、と瑠璃が言う。
 
すると、部下たちの士気も上がったように見える。女子社員からの恋愛相談にも乗る。
 
もっと、自分を好きになること。こう言って、恋愛経験値もいかにも高そうな言葉を吐くが、実は、瑠璃のプラベートは、全く違っていた。
 
瑠璃の部屋には、確かに少女漫画で埋め尽くされていた。それだけではない。
 
帰るとすぐにこたつに入り、スウェットと袢纏姿で、レモン缶チューハイとスルメを齧りながら、二次元の沼にどっぷりと浸かっていた。
 
週イチで年が離れた弟・惇太が掃除をしに来てくれる。そう、実は、瑠璃は女子力が限りなくゼロに近かった。
 
そんな姉を呆れながらも、心配する惇太。だが、この、ある意味完璧な私生活を壊すつもりは、瑠璃には、微塵もなかった。
 
なぜなら、二次元こそ完璧で、面倒なリアルとは永遠に交わらなくて済むからだ。
 
ちなみに、昼間、恋愛相談で言った言葉は、少女漫画のセリフをアレンジしたものだった。
 
 
絵本のなかの王子様
幼い頃は、母親が読んでくれた絵本に出てくるような、王子様に憧れた。
 
そして、大学時代に一度男子と付き合ったが、その男は、瑠璃の外見にしか興味がなかった。
 
それがトラウマになり、15年が経った。瑠璃は、リアルから完全に二次元へドロップアウトしてしまっていた。
 
瑠璃の部下にも、完璧な男子はいた。間宮亮、27歳。顔もルックスも、人当たりもよく、漫画家の先生方にも、彼を指名する人が多い。
 
裏の顔を持つとはいえ、完璧なところは部下に負けるわけには行かないと、瑠璃は人知れず間宮をライバル視していた。
 
そんななか、この間、相談を受けた女子社員が、瑠璃のアドバイスを聞いて、彼氏と別れたという。
 
それを聞いて、罪悪感を必死で噛み殺す瑠璃。さらに、またもや何やら「アッチ」方面の相談があると言う女子社員。
 
想像力を駆使し、クールを装いながらも、相談を断るわけにも行かず、とりあえず、知識だけをこっそり頭に入れようと、18禁サイトに瑠璃が入ろうとした。
 
そのとき、背後から間宮に声をかけられ、びっくりして、開いていたスマホを落としてしまう。
 
当然、二人の間に、微妙な空気が流れたのだった。
 
 
間宮との約束
瑠璃は、急いでスマホを拾い上げたが、その画面を見られたのか、どうか気が気じゃない。
 
すると、無言で間宮は距離を詰めてきて、瑠璃を飲みに誘う。もしかして、あんなものを見ていたので、揺する気であろうか。
 
結局、その晩、瑠璃は、赤ちょうちんの店で間宮と向かい合って飲むことになる。
 
間宮は、生ビール、瑠璃は、日頃の缶をジョッキに持ち替えてレモンチューハイである。
 
飲みながら、間宮の話を促す瑠璃。すると、ゆっくりと間宮が語りだした。
 
間宮には、今好きな人がいる。しかし、間宮は、これまでの恋愛では、3ヶ月持てばいいほうで、すぐに振られてしまうらしい。
 
何か原因があるとは思うが、自分のことなので、分からないという間宮。
 
瑠璃は胸を撫で下ろした。何かと思えば、ただの恋愛相談ではないか。これならば、この場は、今の知識で乗り切れる。
 
調子に乗った瑠璃は、次々にジョッキを空け、饒舌になっていった。
 
翌朝、目覚めると、瑠璃はベッドに寝て、そばには間宮がいた。昨夜は、酔いつぶれて送ってくれたらしい。
 
間宮は、昨夜、瑠璃と約束をしたという。その約束とは、瑠璃とお試しで付き合って、間宮に恋愛についてレクチャーするというものだった。
 
まるで記憶にない話だが、瑠璃は、部下の願いとあっては、断れなかった。
第1話の感想はここをクリック
今回、テレ東深夜ドラマでは、初主演の栗山千明。一番記憶に残っているのは、少し古いが、映画「キル・ビル」ではないだろうか。
 
作品でいうと、おそらくこれが、最も有名だろう。だが、キル・ビルで一躍大スターになった栗山だが、役どころの印象としては、クールビューティーなイメージしかない。
 
あまり、本人の素の表情というところでは、謎に包まれた部分が多いと思う。
 
そんな栗山のイメージを180度変えたようにも思える本作品は、何とラブコメである。
 
表向きは、栗山のイメージ通りの瑠璃、しかし、一皮向いた本当の素顔は、恋愛経験ゼロの、アラフォーになろうかという、こじらせまくった女子である。
 
こういうのは、キャスティングから楽しめるので、ドラマに入り込み易くていいと思う。
 
さすがの演技力と存在感には、感服するが、やはり、今回面白いと思ったのは、瑠璃の心の声である。
 
適材適所、随所に面白い、コメントや、心の叫びなど、瑠璃の感情がひしひしと伝わってきて、とてもコミカルである。
 
さて、次回は、なんと間宮と、瑠璃にとってはファーストキスのシーンがあるようで、どのような展開になるのか、とても楽しみにしている。

ラブコメの掟の内容

公式サイト

九条瑠璃(栗山千明)は、電子コミックの編集部で働く優秀なアラサーで、パーフェクトな外見と言動から恋愛経験豊富と思われてきた。しかし実際は、15年前の大学時代に彼氏が一瞬いただけの恋愛ド素人。そんな瑠璃が、“見た目も中身もパーフェクト”な職場の後輩・真宮亮(小関裕太)から突然、飲みに誘われ恋愛相談を持ち掛けられる。「誰と付き合っても3か月以上続かない」と打ち明ける亮に「あなたがまだ本当の出会いをしていないだけよ」とドヤ顔で答える瑠璃。これもすべて瑠璃が少女漫画から得た知識!しかし・・・飲みすぎた瑠璃が翌朝目を覚ますと、隣には亮の姿が!瑠璃の頭の中は大パニック。そして、瑠璃は亮に恋愛指南をすることに!弟・惇太(草川拓弥)のアドバイスももらいつつ、恋愛指南に四苦八苦する中、理想の彼氏像を体現していく亮に15年ぶりのトキメキが止まらない!
 
<出典>TBS公式

<出演者>

九条瑠璃:栗山千明
真宮亮:小関裕太
九条惇太:草川拓弥
真宮賢治:吉沢悠
立花エリカ:堀田茜

第1話から最新話まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「Paravi」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

ラブコメの掟の感想

感想が集まり次第、公開いたします