珈琲いかがでしょう(ドラマ)の見逃し動画を1話から無料視聴する方法【最新話まで】

珈琲いかがでしょう(ドラマ)の動画を無料視聴する方法

「珈琲いかがでしょう(ドラマ)」

動画配信サービス「Paravi」

第1話から最新話まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「Paravi」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<Paraviのおすすめポイント>
 
・TBS系列の人気ドラマやテレビ東京系列の人気ドラマが見放題
・最新の連続ドラマやバラエティ番組も見逃し配信
・アニメ、海外ドラマなどParavi独占でラインナップ!話題の新作映画も
・スマホのアプリでは動画のダウンロードも可能
スマートフォンパソコンは もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々1017円(税込)で継続できる
 
<Paraviユーザーの声>

20代女性

半沢直樹が見たくて、登録したところ、登録後すぐに動画を見れて便利だなって感じた!スマホのアプリで見れるし、すぐ見れるところがとにかくお手軽。他の動画配信サービスでは配信されていないTBSやテレビ東京の独占ドラマがあり、ドラマ好きには必須の動画配信サービスだと思う。また、水曜日のダウンタウンなどのバラエティ番組も充実してるから、自宅で退屈なときに重宝してる♪

珈琲いかがでしょう(ドラマ)の見逃し動画まとめ

■第1話から最新話までフル動画の視聴方法■

Paravi

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用することをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画>第3話
 
まだ放送されていません
 
<予告動画>

第3話の公式あらすじ

「男子珈琲」
 飯田正彦(戸次重幸)は、仕事もルックスも完璧なサラリーマン。あのヨン様にも似ていると言われるほどで、周囲に慕われていることは本人も自覚していた。青山一(中村倫也)の「たこ珈琲」に女子社員たちを引き連れ、全員分の珈琲を奢ったり、珈琲のうんちくを披露したりと“いい上司”をアピールしていた。
そんな折、新しい企画について部下と意見が衝突。かみ合わない不満を、見た目も性格も正反対の同僚・森(小手伸也)にぶつける。感情的になる飯田を森はなだめるが、そんな矢先、飯田はひょんなことから、女子社員の陰口を耳にし、自分が嫌われていることを知ってしまう。「勘違いしている」など、飯田の話題で盛り上がる女子社員たちの罵詈雑言にショックを受けた飯田は、青山の前で自分のカッコ悪さを嘆く。その頃、謎の男・ぺい(磯村勇斗)は青山に近づきつつあった――。
 
「金魚珈琲」
ぺいの姿を見た青山は、なぜか慌ててワゴン車で逃亡。ある田舎町にたどり着いた青山は、タイヤがパンクするというアクシデントをきっかけに、スナックのママ・アケミ(滝藤賢一)と出会う。しかもなりゆきでスナックの手伝いをすることに。あっという間に人気者となった青山を、アケミは昔どこかで見かけたような気がして…。
そんな折、偶然にもアケミの中学の同級生・遠藤(丸山智己)が来店する。野球部のエースで、学校の人気者だったという。青山が入れた珈琲焼酎を味わいながら、2人は久々の再会を喜ぶ。
アケミはスナックを営む傍ら、母親の介護にも追われていた。そしてかつて夢を諦めた後悔のような思いを、青山に吐露する。そんな心情を感じ取ったのか、遠藤はアケミに「閉鎖的な町から抜け出して、もう一度夢と向き合うべき」と訴える。
 
<出典>珈琲いかがでしょう(ドラマ)公式

第3話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします
第3話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします

<見逃し動画>第2話
 
Tverで見る
 
<予告動画>

第2話の公式あらすじ

「キラキラ珈琲」
 
青山一(中村倫也)はみかん畑に囲まれた、ある田舎道で「たこ珈琲」を開店していたが、ここにいるのもこの日まで。営業を終え、深夜、車で東京へ移動していると、後方で何やら物音が…。髪をピンク色に染めたみかん畑の娘・大門雅(山田杏奈)が、こっそり乗り込んでいたのだ。慌てて引き返そうとするが、雅は田舎生活がとにかくイヤで、可愛い自分は東京でも通用するはずだと訴える。既にオーディションを受けることも決めていた。「東京で何かしらになりたい」…何を言っても引き下がらない雅に根負けした青山は、親へ報告することを条件に連れていくことに。
東京では、雅のインスタのファンだという、礼(臼田あさ美)の世話になることになっていた。原宿で落ち合い、オーディション会場へ連れて行ってもらう間にも、スカウトされたり、かわいいものに囲まれたり。期待感がますます高まっていくが――。
 
「だめになった珈琲」
 
ある日、礼のルームメイト・ヤイ子(三浦透子)が、突然出ていくと言い出す。最近の礼の行動にもうついていけないという。ついに独りぼっちになった礼の部屋に突然、青山が訪ねてくる。雅が部屋にスマホを忘れたといい、早速探し始めると、雑然とした部屋から古びたエスプレッソマシーンが出現。礼は機械を懐かしそうに見つめながら、上京した頃のことを青山に話し始める…。
 
<出典>珈琲いかがでしょう(ドラマ)公式

第2話のネタバレはここをクリック
真夜中の侵入者

移動珈琲店を運営している青山は、みかん畑に囲まれる田舎街で出店しており、そんな出店も最終日を迎えていた。

みかん農家の大門は、青山の珈琲に惚れ惚れしており、出店が終わってしまうことを悲しんでいるのだった。

そんな大門の娘の雅は、こんな田舎暮らしに嫌気がさしており「全部大っ嫌い」と呟くのだった。

その夜、東京へ向け車を走らせていた青山は、突然後部からの物音が聞こえることに気がつきサービスエリアに止まる。

カフェスペースを開けた青山は、そこに髪をピンクに染めた雅が寝ていることに気がつくと、慌てて戻ろうとする。

しかし東京で一旗揚げたいと願う雅は、泊まる場所も確保してあると告げると、そのまま強引に青山に東京へと連れていってもらうのだった。

 
輝かしい東京

やっと東京に着いた雅は、そこで青山からピンク色した特別な珈琲を飲ませてもらい、さらに東京への憧れを強くする。

一人原宿へとやってきた雅は、インスタグラムで知り合ったという礼と待ち合わせすると、東京の街を散策するのだった。

雅はお店に行っても何を食べても、自分の故郷である田舎との違いを感じ、全てが輝いて見えるのだった。

そんな原宿の街を歩いていると、すぐに芸能事務所からスカウトされるなど、雅は自分への自信を強めていくのだった。

そんな雅は、ふと見かけたギャラリーへと入っていくと、同い年のクリエイターのすごさに感動する。

しかし礼は、その作品は全て何かのパクリだと冷たい視線を送り、オーディションへと向かっていくのだった。

 
東京の現実

オーディションが失敗に終わってしまった雅は、落ち込みながら礼の自宅へと向かっていくのだった。

綺麗な礼とは裏腹に汚い部屋に驚いていると、そこに男がやってくると、雅は女子だけのシェアハウスなのではと動揺する。

さらに他の男性がやってくると、礼は「タダで泊めてもらおうなんて都合が良すぎる」と語る。

雅が襲われそうになってしまうと、そこに珈琲を届けに来たと青山が助けにやってくると、凄む男たちを相手に余裕の表情で雅を助けるのだった。

田舎への帰り道、青山は父親のお願いで後をつけていたことを告げると、雅は自分がまだまだ守られた存在だと気がつく。

さらに雅は、東京とは軽い気持ちで来れる街ではないことに気がつき、青山の珈琲を飲むと、そのままでも美味しいことに気がつき、自分の未熟さを噛み締めるのだった。

その頃青山の勢いに圧された男たちは、その凄みを話していると、それを聞いていた杉三平が話を聞きたいと近寄るのだった。

 
腐る礼

その頃、自宅でカップラーメンを食べていた礼は、同居人のヤイ子が荷物をまとめ出ていくのを見ていた。

ヤイ子は、落ちぶれていく礼と一緒には居られないと話し、さらに知り合いの店で個展を開くことを告げる。

礼もまた絵を描かないかと誘うのだが、すっかり落ちぶれた礼はくだらないと一蹴するのだった。

そこに雅が失くしたスマホを探しに来た青山がやってくると、そこで古びたエスプレッソマシーンを見つけるのだった。

そのエスプレッソマシーンを見た礼は、懐かしさを覚えながら、スマホを探す青山に昔のことを話し始めるのであった。

 
現実を知る

知り合いの画廊と話をしていた礼は、そこで多くのものに触れ勉強すればかならず昇華できると告げられる。

色々と勉強をした礼だったが、知識もない同級生たちが次々と売れていくのを目の当たりにするのだった。

ある日専門学校の展示会に有名なディレクターがやってくると、そこでそのディレクターに対して枕営業をしているのではと噂を耳ににする。

礼は結局は女の武器なのかと呆れ蔑むのだが、自分も同じようにそのディレクターを誘惑しようとするが、相手にされず落ち込んでしまう。

それは創作活動にも影響してしまい、悪い友達とつるむようになると、そのエスプレッソマシーンも自分と同じように動かなくなってしまうのだった。

しかしそれを見た青山は、なか汚れを取れば必ず動くと話すし洗浄すると、その中からドロドロと汚れが出てくる。

それを見ていた礼は、洗浄のしかたを教えてほしいとお願いすると、そのエスプレッソマシーンを綺麗にするのだった。

 
気持ちの吐露

青山に言われたとおり洗浄した礼は、見違えるほど綺麗になったエスプレッソマシーンに満足する。

そして青山から豆を貰うと、それをエスプレッソマシーンにかけるのだが、なかなか抽出されずにいた。

それを見た礼は、綺麗にしてもだめなもなはだめであり、それが自分の気持ちとリンクしてしまい本心が漏れだしてしまう。

するとエスプレッソマシーンが稼働すると、見事にエスプレッソが抽出されると、出来立てのエスプレッソを飲みその苦さを痛感する。

すると青山は、その苦味を知った今だからこそ出きること、描けるものがあるのではないかと話すのだった。

無事雅のスマホを探した青山が帰っていくと、礼は気持ちも新たに絵を描くことを決意すると、そこに三平がやってくる。

青山の似顔絵を依頼した三平は、それを見て探している男だと語ると、青山が人殺しだと告げるのだった。

第2話の感想はここをクリック
夢溢れる東京は誰しも一度は夢みる街であり、そんな雅の気持ちもすごくよくわかる回でした。
 
今回は雅と礼の2人を助けた青山でしたが、そこにやってきた三平の人殺し発言にはかなり驚かされました。
 
優しそうで柔らかい雰囲気のある青山にどんな過去があるのか、これからの展開でその過去が明らかになるのを楽しみにしたいと思います。

<見逃し動画>第1話
 
Tverでの配信は終了しました
 
<予告動画>

第1話の公式あらすじ

「人情珈琲」
 
垣根志麻(夏帆)は、誠実・丁寧・義理・人情をモットーに働くOL。その不器用さゆえ効率重視の部長(井上肇)には毎日のように怒られている。もてはやされるのはいつも、明るくて要領がいい後輩・馬場(足立梨花)だ。
一人寂しくランチタイムを過ごしていたある日、どこからともなくいい匂いが漂ってくる。香りの先には、青山一(中村倫也)が営むたこマークの移動珈琲店「たこ珈琲」があった。一杯一杯丁寧に淹れる工程と、出来上がった珈琲のおいしさに感動した垣根は、自分の不器用さにしんどさを感じていることを思わず青山に打ち明ける。
 
「死にたがり珈琲」
 
クレーム対応の電話オペレーターをしている早野美咲(貫地谷しほり)は、心を無にしてただただ謝る毎日を送っていた。ある晴れた休日、美咲が洗濯物を干していると、どこからか珈琲の香りが漂ってくる。「こんな昼下がりは死にたくなる」…穏やかなひと時に反して、ベランダでそんなことを思った美咲。手すりに片足をかけたその時、美咲の目に真下にいる青山の姿が飛び込んでくる。しかも目が合うと笑顔を見せ、驚いた美咲はその拍子に干していたガードルを落としてしまい…。
 
<出典>珈琲いかがでしょう(ドラマ)公式

第1話のネタバレはここをクリック
誠実、丁寧に

商品サンプルの発送などを行う部署にいる垣根志麻は、誠実・丁寧・義理・人情をモットーとしており、サンプルに同梱するお礼状も手書きで書くなどの丁寧さを見せていた。

しかしそんなアナログな志麻の仕事では、件数がこなせないと、上司から厳しく叱られてしまう。

さらに要領のいい後輩の馬場は、そんな効率重視の上司からも好かれ、一緒にランチに誘われるなど、志麻はすっかり出し抜かれてしまうのだった。

一人寂しく手作りのお弁当を食べていた志麻は、どこからともなく漂ってくる珈琲の匂いに誘われる。

するとそこには、タコのマークの入った移動珈琲店が来ており、そのマスターの青山一の笑顔に吸い寄せられるように、志麻は珈琲を購入するのだった。

青山は、一杯一杯を丁寧に時間をかけて淹れており、そんな丁寧な仕事ぶりに共感を感じる志麻なのだった。

 
丁寧さは必要?

それから志麻は、何かあれば青山の珈琲を飲みに来ては、仕事の愚痴であったり、自分の不器用さを嘆いたりするのだった。

そんな自分の話を優しく聞いてくれる青山とその青山が淹れる珈琲の美味しさに、志麻はどんどんと癒されていくのだった。

そんなある日、またしても手書きのお礼状に拘る志麻を見た部長は、非効率なことは止めろと話すと、長く関係を築いてきた取引先を馬場に変更することを決めるのだった。

そんな部長の決定にモヤモヤを抱えた志麻は、青山の珈琲を飲みながらそのことを語ると、青山はその丁寧さはきっと誰かの心に刺さるはずだと伝えるのだった。

それでも志麻は、自販機で買った珈琲を飲み、それなりに美味しいことに気がつき、自分のしていることに疑問を感じるのだった。

 
ちゃんとした評価

それから数日経ったある日、会社にやってきた志麻は、部長に怒られている馬場の姿を発見する。

なんとメールの宛名を間違えてしまい、さらにその間違えた相手が同業他社であったことで、先方の怒りを買ってしまったのだった。

すると部長は、長く付き合っていた志麻が適任であると、先方に謝りにいって欲しいと頼むと、志麻は慌てて向かっていくのだった。

なんとかことを納めたものの、志麻はそこで手書きのお礼状が読まれていないことに気がつき、それからはパソコンで作成することにするのだった。

そこへ社長がやってくると、字が綺麗な志麻に、お茶会の宛名書きをして欲しいと頼むと、取引先からも評判だと語るのだった。

自分が認められたような気分になった志麻は、落ち込む馬場を連れて青山の珈琲店へと連れていくと、お互いの気持ちなどを語り合い仲直りするのであった。

丁寧な自分を改めて認め直すことができた志麻は、翌日からすっかり姿を消した青山のことを知り、寂しそうな表情を浮かべるのだった。

 
カフェオレ女

通信機器の電話オペレーターをしている早野美咲は、毎日のように謝罪する日々にすっかり疲れはててしまっていた。

休みのある日、洗濯物を干していた美咲は、単調な洗濯機のリズムと心地よい風を浴びながら、ふと死にたくなってしまうのだった。

ベランダの手すりに手を掛けた美咲だったが、そこで珈琲のいい香りがしてくると、下にいる青山と目が合う。

青山の笑顔に驚いた美咲は、思わず干していたガードルを落としてしまい、謝りながら青山のもとへと向かっていくのだった。

拾ってくれたお詫びにと、美咲はカフェオレを注文すると、いつも無難なカフェオレを選んでしまうのだと話す。

さらに着ている洋服や干してある洗濯物も全てカフェオレのような色合いであることに気がつくと、情けなく感じ思わず笑ってしまうのだった。

 
冒険

そんな美咲の話を聞いた青山は、冒険に出てみませんか?と手をさしのべ、美咲を車に乗せるのであった。

いきなりの行動にドキドキする美咲は、これこらどんなことがあるのかと不安と期待が入り乱れるのだった。

そんな青山に連れてこられたのは、自宅近くにあるインドカレー屋さんであり、珈琲のデリバリーの予定があったのだと告げられる。

少しショックを受ける美咲だったが、そこで青山に誘われるがまま激辛カレーを食べると、人と会話することが久しぶりなことに気がつく。

それを聞いていたカレー屋の店主は、いつでも話しに来てかまわないと語り、美咲は少しだけ心が軽くなる。

その後青山が淹れたカフェオレに、ひとつまみのガラムマサラを入れることで、その味がガラッと変わることに驚く。

少し手を加えることで、大きな変化があることに気がついた美咲は、靴下からでも明るい色にしようと決心するのだった。

第1話の感想はここをクリック
移動珈琲店で悩みを抱えるお客さんを癒していくというストーリーですが、中村倫也さんのあの雰囲気が、キャラクターととてもマッチしていますね。
 
自分はそんなに特別じゃないという考えは、どんな人にだってある悩みだと思います。
 
そんな自分を認めるには、人からの評価や受け入れてもらうことだと思いますし、そんな自分をアピールするためには、少しの自信がないといけないなと思います。
 
そんな悩める人々の背中をちょっと押してくれる青山の珈琲がこれからどんな人の背中を押すのか楽しみですね。

珈琲いかがでしょう(ドラマ)の内容

公式サイト

いい香りに誘われて向かったその先に待っていたのは、素敵な移動珈琲屋さん。
 
店主は街から街へ、行く先々で、一杯一杯、丁寧に、誠実に、心を込めて珈琲を淹れながら、人生に少し傷ついた人たちの心を癒していく――
 
<出典>テレビ東京 公式

<出演者>

・青山一:中村倫也
・垣根志麻:夏帆
・杉三平:磯村勇斗
・たこ:光石研

第1話から最新話まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「Paravi」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

珈琲いかがでしょう(ドラマ)の感想

感想が集まり次第、公開いたします