Fukushima50を動画配信で無料視聴する方法|DVDレンタル以外の方法

Fukushima50の動画を無料視聴する方法

「Fukushima50」

業界ナンバー1の動画配信サービス「U-NEXT」

フル動画を配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「U-NEXT」31日間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<U-NEXTのおすすめポイント>
 
・国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
・映画、ドラマ、アニメなどのジャンルで見放題作品数でNo.1
・スマホ、テレビ、PS4などで動画が視聴可能
・追加料金無しで最大4人まで同時に視聴することができます
・70誌以上の雑誌が読み放題でダウンロードできる
・無料期間後は、月々2189円で継続でき、毎月1200ポイントもお得
 
<U-NEXTユーザーの声>

30代女性

14万本以上の動画が見れて、それがしかも見放題というところに惹かれました。1か月だけお試しで入ったけど、何より新作映画が見れたことがビックリでした。動画も綺麗でチラツキや音声の乱れもなくてサクサク鑑賞できました。また、ダウンロード機能がついているので、家でスマホにダウンロードして通勤中で電車で見ることもできて便利です♪かなり充実している動画配信だと思います。
 
無料登録で600ポイントがもらえ、新作映画でも無料で視聴できるからお得!

Fukushima50の動画まとめ

■Fukushima50のフル動画の無料視聴方法■

今すぐU-NEXTで動画を見る

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用することをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

「Fukushima50」  2020年3月6日劇場公開
 
U-NEXTで動画が配信されています
 
 
公式あらすじ

2011年3月11日午後2時46分、マグニチュード9.0、最大震度7という日本の観測史上最大となる地震が発生し、巨大津波が福島第一原子力発電所を襲った。津波による浸水で全電源を喪失してステーション・ブラック・アウト(SBO)となり、冷却不能の状況に陥った原子炉は、このままではメルトダウン (炉心溶融) により想像を絶する被害がもたらされることは明らかだった。
 
1・2号機当直長伊崎ら現場作業員は、原発内に残り原子炉制御に奔走する。全体指揮を統括する吉田所長は部下たちを鼓舞する一方、状況を把握しきれていない本店や官邸に対し怒りをあらわにする。しかし、現場の努力もむなしく事態は悪化の一途をたどり、近隣の人々は避難を余儀なくされる。
 
官邸が試算したこの事故による最悪のシナリオでは被害範囲は半径250km、避難対象人口は約5000万人にも及び、それは「東日本の壊滅」を意味する。現場に残された唯一の手段は「ベント」で、未だかつて世界で実施されたことのないこの手段は作業員が体ひとつで原子炉内に突入して行う手作業が要求される。外部と遮断され何の情報も入らない中、ついに作戦は始まる。
 
<出典>Fukushima50 WikiPedia

ネタバレはここをクリック
大津波警報
2011.3.11 PM2:46
 
緊急地震速報が東日本全体に鳴り響きました。
 
福島第一原発の第一運転管理部の当直長・伊崎利夫はマニュアル通り原発の安全確保に直ちに取り掛かります。
 
同時に強い揺れを感じていた所長・吉田昌郎は部下たちに指示を飛ばし、自らが先頭に立って指揮をしていました。
 
伊崎たちは核施設や設備に異常がないかチェックをして非常用ディーゼル発電機を作動させて電源を確保します。
 
緊急対策室では、地震による全国の被害情報を伝えるニュースが流れていて、震度6強という強い揺れとその規模に、吉田たちは不安の色が隠せません。
 
「しっかり一つ一つ確認して対応するんだ!慌てるな!」と吉田は部下たちに檄を飛ばします。
 
 
その頃、海面の水位が次第に下がり始めます。
 
大津波警報により、海岸近くにいた作業員たちはすぐに避難を始めました。
 
しばらくして、想定をはるかに上回る大津波が発電所を襲います。
 
「津波だ!逃げろー!」
 
 
非常用電源停止
3.11 PM3:40
 
地震から54分後、福島原発は停電となりました。
 
「SBO!」
 
作業員たちは慌てた声で報告しました。
 
この知らせは直ちに対策本部室で指揮をとっている吉田の耳に入ります。
 
停電となった原因を探るために、調査が始まりました。
 
福島原発が大変危険な状況であることが東京にある東電の緊急対策本部にも伝わり、緊張が次第に高まっていきます。
 
「なにがどうなってんだ!」
 
電源が落ちていて状況を確認するのが困難になっている現場の伊崎たちのところへ、ずぶ濡れになった作業員が帰ってきました。
 
彼らは息を切らせて、電源が落ちた原因が津波であることを急いで報告します。
 
 
停電によって原子炉の温度が保てなくなる恐れが出てきました。
 
高温になって中の燃料が外へ漏れ出た場合、放射能汚染が広まってしまいます。
 
それを阻止するために、伊崎たちは原子炉に水を入れる決死の作業に挑むのです。
 
 
住民の避難開始
首相官邸にある危機管理センターでは、前代未聞の原発事故の報告で誰もが混乱していました。
 
この緊急時に、東電はトップが二人とも不在なのです。
 
内閣総理大臣は、詳細な情報が不明なせいで苛立っていました。
 
放射能汚染も確認され、伊崎たち作業員たちは被曝の恐れも出てきます。
 
 
3.11 PM8:50
 
地震から6時間余り経過した頃、原発から半径2キロ圏内の住民に避難指示が出されました。
 
各地方自治体も、停電が続いた状態での住民へのサポートに苦しみます。
 
 
ベント
余震が続く中、伊崎たちは圧力計から原子炉の圧力が異常に高くなっていることを把握しました。
 
このままでは原子炉が爆発してしまい、東日本全体が放射能汚染されてしまいます。
 
世界初の原子炉の圧力を下げるためのベントが提案されました。
 
伊崎は命がけのこの作業に誰がいくか苦しい選択を迫られるのです。
 
自ら率先して立候補してくれる仲間たちに涙を浮かべて感謝する伊崎は、その中からベテラン3組6名を選抜しました。
 
翌朝になり、避難指示は半径10キロ圏内の自治体にまで拡大していきます。
 
 
決死隊
周辺住民の避難が進むまでベント作業が開始できない状況で、総理が視察のために現地に赴くという決定事項が通知されます。
 
現場は総理の対応ができるほど余裕がありません。
 
苛立つ吉田と緊急対策室の間で当然口論となります。
 
自衛隊が消防車で駆けつけてくれたものの、総理がヘリで突如視察に訪れたために消防車を待たせることになってしまいました。
 
総理は到着するや否や、ベントを急かします。
 
吉田は、必死に本心を抑えながら総理に丁寧に状況説明をしていきました。
 
 
電源が落ちたために、気圧を下げるのに手動でバルブを開けなければいけなくなります。
 
伊崎の部下たちの命がけの作業が始まりました。
 
 
日本のために
ふるさとを守る伊崎たちの戦いは、熾烈を極めました。
 
 
3.12 PM3:36
 
地震から24時間以上経過した頃、福島原発で爆発が起こります。
 
避難所で待つ伊崎たちの家族は、そのニュースを見て不安で仕方ありません。
 
その日の夜には、20キロ圏内の住民へ避難指示が出されました。
 
幸い爆発事故で怪我人は出たものの死者は出なかったということで吉田は安堵します。
 
しかし、原子炉の状況は更に悪化の一途を辿っていました。
 
別の原子炉の気圧が異常に高い数値を示していたのです。
 
その報告を受けた吉田の脳裏にチェルノブイリでの悲劇が浮かびます。
 
東日本壊滅の危機です。
 
いよいよ福島原発に居られなくなるかもしれないことを覚悟した吉田は、関連企業の社員には原発からの撤退の指示を出し、必要最低限の人員だけで作業に取り掛かろうとしました。
 
消防車を届けにきて作業を手伝っていた自衛隊員はこれを拒否し、「民間の方々が戦っておられるのに我々が撤収するわけにはいきません。国を守ることが我々の仕事ですから。」と熱い胸の内を語ります。
 
 
福島の希望
突然床に座り込んだ吉田を周りは皆心配しました。
 
彼は一緒に作業をしている仲間や家族のことが不安で仕方ありませんでした。
 
福島原発をこのまま放棄した場合、避難対象は5000万人に上り、その規模は半径250キロに及ぶことになるのです。
 
原発からの撤退も現実味を帯びてきた頃、緊急対策本部に乗り込んできた総理から、東電に命がけの作業をしろという指示が出ます。
 
「このままでは日本が滅亡する!」
 
 
その頃、再び爆発が起こりました。
 
2号機格納容器内のサプレッションチェンバーの気圧が0になっていたことで、爆発箇所が特定されます。
 
そしてここに穴が開いたとなれば、いよいよ放射性物質の流出が懸念されます。
 
原子炉2号機を冷やす手段が絶望となったのです。
 
放射能汚染が深刻化し始め、伊崎も若い部下のメンバーに撤退するように指示を出します。
 
彼らは伊崎と最後まで一緒に戦う気持ちを熱く語りますが、伊崎は彼らに福島復興の未来を託していました。
 
部下たちは泣きながら、伊崎に感謝の気持ちを伝えてその場を立ち去ります。
 
 
見えない光
避難所生活をしている伊崎家に、伊崎からメールが届きました。
 
「遥香、悪かった。お前の人生だ。お前の好きなように生きろ。お父さんは応援している。」
 
年上の男性との結婚を断固反対していた父からの突然の意味深なメールに驚きます。
 
伊崎が危険な状況にあることを覚悟する家族たち。
 
その頃、吉田と共に原発に残った技術者たちは皆家族と連絡をとっていました。
 
 
伊崎の携帯に娘からの返信メールが届きます。
 
「謝るなら私の顔見て謝って。私の花嫁姿を見るまで絶対許さない!」
 
 
奇跡
自衛隊ヘリによる放水作業も進む中、伊崎は2号機の圧力が正常値まで下がっていることを確認します。
 
最悪の事態は免れたことで、関係者の誰もが喜びました。
 
2号機のパネルが一か所剥がれ落ちて煙が出ているのが確認されます。
 
気圧が下がったのはこのためでした。
 
放射能は外へ漏れ出てしまいましたが、大爆発による放射能汚染は回避できたわけです。
 
そして、先ほどの爆発が稼働していなかったはずの4号機のものであることが明らかになりました。
 
4号機に異常はないことも分かり、吉田は皆にもうちょっとの辛抱であること伝えて鼓舞します。
 
現場で作業を続ける伊崎たちは生きて帰れる喜びを噛み締めました。
 
 
家族との再会
家族がいる避難所にやってきた伊崎は、娘と再会を果たしました。
 
「心配かけたな。すまなかった。」
 
 
伊崎はふるさとを住めない街にしてしまったと、避難所のみんなに謝りました。
 
しかし伊崎のことを知る人たちは皆、故郷を守ってくれたと彼を讃えます。
 
「利夫ちゃん、ご苦労様でした。」
 
伊崎の父も泣きながら息子の生還を喜びます。
 
伊崎は家族や顔なじみとの再会に、笑顔になりました。
 
彼らの厳しい戦いが終わりを迎えます。
 
 
ふるさと
2014年 春
 
伊崎は車を走らせていました。
 
福島はまだ復興中で帰還困難区域では通行制限もされています。
 
彼はふるさとの桜並木の前で車を止めました。
 
吉田は伊崎へ手紙を出していたのです。
 
その手紙では、自然の脅威への慢心がこういう事態を招いたのではないかという吉田なりの警鐘が込められていました。
 
彼は原発事故から2年が経った頃に食道がんで亡くなっていたのです。
 
伊崎は吉田の葬儀で、福島原発事故のことを後世に語り継いでいくことを遺影の前で固く約束します。
 
変わらず毎年咲き続ける故郷の桜を見て、伊崎は吉田に語りかけます。
 
「よしやん、今年も桜が咲いたよ。」
 
 
海外メディアは暴走する原子炉と命がけで戦った人たちを『Fukushima 50』と名付けました。
 
<感想>
 
 
門田隆将のノンフィクション作品を原作としている本作は、震災当時の状況がリアルに描かれていて、特に吉田昌郎に関しては実名で登場し、原発事故の現場での苦悩が詳細に表現されていたように感じます。
 
上からの命令や総理の突然の訪問による現場指揮のやりづらさ、戦友とも言える当直メンバーたちの身を案じながらも、危険な作業に向かわせなければいけない心苦しさ等、この作品を通して吉田氏の視点で当時の原発事故の凄惨さが伝わってきました。
 
また、報道番組では知ることが出来なかった原子炉建屋内の出来事も詳細に描かれているため、ドキュメンタリー作品のようにも感じられる映画です。
 
同時に、作品中に奇跡と言われた2号機の気圧の正常化が、もしあのまま爆発事故を起こすまで気圧が上昇していたらということを考えるとゾッとしますね。
 
命がけで日本を守ってくれた福島第一の技術者たちには感謝しかないです。
 
いつか彼らが故郷に帰ってきて、あの桜並木を目の前で見ることが出来る日が来ることを心から願っています。

Fukushima50の内容

<キャスト>

・伊崎利夫:佐藤浩市
・吉田昌郎:渡辺謙
・前田拓実:吉岡秀隆
・野尻庄一:緒形直人
・大森久夫:火野正平
・平山茂:平田満
・井川和夫:萩原聖人
・加納勝次:堀部圭亮
・矢野浩太:小倉久寛
・本田彬:和田正人

登録後もらえる600ポイントで無料視聴!

今すぐ無料おためし

「U-NEXT」1ヶ月間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

Fukushima50の感想

20代女性

映画「fukushima50」を見ました。東日本大震災で被害を受けた福島原発で何が起こっていたのかという話の映画でした。出演者みんなの演技が本当に上手なので作品に没入できました。どこまでがリアルでどこまでが脚色かわからないのですが、実際近いことが起こっていたのというので色々考えがめぐり、事実に基づいているだけあって迫力がありました。とても緊張感のあふれる映画でした。ハラハラしたり涙したり色々な感情が渦巻きながらとあっという間の二時間でした。当時東北にはおりませんでしたが、北海道に住んでいたので大きな地震は体験しました。その時のことがよく思い出されました。この地震を忘れることはありませんが、この映画をみることで恐ろしかったことや怖かったことが改めて思い出されて気が引き締まりました。この映画をみたことで、忘れていた原発の恐ろしさやこれからのエネルギーについても考えさせられました。この映画を見た後は、自分が本当に危機管理や震災における色々な想定が出来ていないということを思い知りました。現場の人たちや当時の不安や焦燥感がどれだけ描けていたかわからないが、二度とあのような思いをする人が出てはいけないと強く思いました。

40代女性

今年で10年を迎える東日本大震災。東北地方を中心に津波などで甚大な被害が出たが福島第一原子力発電所の事故も10年たった今現在も大きな問題を残したままだ。映画を見て今更ながら原発事故の恐ろしさを見せつけられた様に思った。当時ニュースなどで原発事故の事は毎日の様に報道されていて知っている気になっていたが、これほどまでに危機的状況だったのかと、命と引き換えに被害を最小限に抑えようと懸命に動いていた人たちがいたのかと思い知らされた。この映画の名前になっているfukushima50の約50名の作業員の方たちに改めて感謝の気持ちを伝えたいと思った。そして原発の在り方、しいてはエネルギー問題に関して考えさせられた。原発によって生活が成り立っている人たちもたくさんいる。でも一方で事故が起きてしまったら何十年もあらゆる問題が残ってしまう事実。現に10年たった今でも福島には人の立ち入りが出来ない地区があり冷却水の破棄問題などまだまだ問題は山積している。自然が起こす災害は人間の想定を軽々と超える。この映画はすべての人が見るべきだと強く思った。テーマは重いが私たちにできることはまず知るという事が大切だと思うからだ。知ることからすべてが始まるのだと思う。この映画であの日何が起きていたのかを知ることが出来て本当に良かった。

50代男性

本日3月11日は、10年前におこった「東北沖」を震源とした「東日本地震」の日です。多くの命が奪われたこと、その恐怖がいまだに消えぬこと、本当に悲惨な出来事でした。fukushima50では、このメルとダウンを起こした「福島原子力発電所」の震災当時の状態が、様子が、そして「そのなかで、命をかけて、必死」に原発をまもろうとした職員に様子、必死に惨事をくいとめようとした職員の様子が、そして日本を守ろうとした職員の様子が描かれています。「見えない敵」とのたたかいに、もがき、苦しみ、そして少しでも最悪の状態を回避しようとする職員たちの姿が克明に刻まれています。なかでも、渡辺謙さん演じる「吉田所長」のキャプテンシーには涙を呑むものがあります。原発の危機、日本の危機の有事の事態時にあそこまで職員に対し「冷静な」指示ができるものだろうか、そして守れるだろうかをかんがえた時、吉田所長の人格、人間性に感銘をうけました。現場で指揮をとるものの重要さ、それを「他責」とばかりに現場をあおる本社職員の姿はみていて、「哀れ」でしかありませんでした。ここに、日本の企業の組織構造の無力さ(大企業ほど)、そして国行政の無能さが如実に明るみにでました。現場を守る1人の男の生きざまが、明確にも、神妙にもうつります。

30代女性

3月11日、福島第一原発事故発生時に発電所に留まって対応した作業員たちのドキュメンタリーを基にした話です。当時は伝えられなかった裏側ではこんなことが起きていたんだととてもびっくりしました。もし、放射能が漏れたらと気が気ではなかっただろうし、とどまることも恐怖だったでしょう。そんな中、福島のため、故郷のため、人々のために戦った人がいたのだなと、感銘を受けました。本部も本部で早く止めなきゃって必死だったのでしょうが、現場とは温度感も違ってて、ならここにこいと所長がいらだつ気持ちもよくわかりました。そして、避難所の人たちの恐怖やあんなところに原発を作るんじゃなかったと思う気持ちもすごく伝わってきました。私は東北に住んでいなかったのですが、あの大震災、そしてその後の原発事故もどちらも忘れてはならないことだと思います。原発事故の影響はもしかしたらこれから出てくるのかもしれませんし、街の復興もある程度時間が過ぎるとあまり取り上げられなくなっていくのかもしれません。でも、まだまだ復興は途中段階ですし、これからもみんなで考えていかなきゃいけない問題だと思います。本作を見ると、そういうことを思い出します。出てくる役者さんもみな真剣にこの作品に臨んだであろうし、それが伝わってくる、白熱した演技でした。

20代女性

映画「fukushima50」を観て「東日本大震災のリアル」と「危険を顧みずに立ち向かう作業員たち」が特に魅力的だと思いました。まず、東日本大震災のリアルについてです。この映画では、東日本大震災の直後に福島第一原発で作業にあたった作業員たちの実話をもとにした物語が描かれます。物語の中では、大地震によって大勢の人々が混乱に陥っていくところや津波が迫ってくるところなど、震災直後の景色が鮮明に描かれていきます。残酷なほど生々しい描写に、震災当時のことを振り返り恐怖を感じながら食い入るようにして観ていました。次に、危険を顧みずに立ち向かう作業員たちについてです。福島第一原発では、原発事故が発生し、原子炉に起きた想定外の事態によって原発の近くに住んでいる人々が非難をしなければならなくなるなど、どんどん危険が広がっていました。そんな中、作業員たちはベントという実施例がほとんどない方法で、原子炉を通常の状態に戻そうとします。放射線によって自らの命が危険にさらされるという大きなリスクを背負いながらも、家族や長年住んでいる地域のために、勇敢に作業に挑んでいく作業員たちの情熱に感動し、無事に帰ってきて欲しいと願わずにはいられませんでした。

30代女性

2011年、3月11日に東北大震災が発生してからちょうど節目の10年がもうすぐ経とうとしています。その日は私は東京にいましたがもの凄い勢いの揺れで発生当日から国内が騒然として日本に暮らしていく上では地震という災害と一生向き合わなければいけないと思い知らされたのが強く印象に残っています。この映画は被災した福島原発に発生後もそのまま残り日本を救った作業員達の物語になっています。ドラマ風の映像としては今までもテレビ番組等で再現されてきましたが、映画としては初めてなので見てみる事にしました。報道をしていた当時の裏側、私たちが知らない所では、毎日一刻を争うようにして様々な葛藤があったんだと改めて思いました。自分の国で起こったこの大きな地震を昨日のことのように覚えていますが、ついつい日々の暮らしの中で思い出す事が減ってきているのでかなり考えさせられました。また、渡辺謙、佐藤浩市、火野正平らベテラン俳優の演技が光って素晴らしかったです。俳優さん達も演じる上で、多くの人が亡くなったり被災したこのテーマを演じる事に多くの葛藤があったのではないかと思います。まだ被災してから元の暮らしに戻れていない人もいますし、当時の記憶を思い出したくない人もいるでしょう。その中でも映画を作り公開することはとても大変な事だと思います。フィクションではなくノンフィクションであるというものあるが、見応えがあり引き込まれました。この事は風化させてはならない、後世に語り継がなきゃいけない作品だと思います。

50代男性

平和だった福島県に突如として起こった災害は、歴史を変えてしまう事態になりました。地震に強い原発ですが津波からは逃れませんでした。震度5で原子炉は停止しますが、津波により非常用発電機が働きませんでした。原因はそこだけで後の被害は何とかなる気がします。まさかここまで津波が押し寄せてくるとは考えていませんでした。その後、原子炉が爆発してこの世の終わりだと思った人もいたと思います。東京電力の人達は帰ることができずに現場に残り、これまで起きたことがない状況に困惑していたと思います。他の業者の人達は逃げるように家に帰り、そのまま避難しました。避難したくてもできない電力の人達は、経験のない状況で冷静な判断ができなくています。現場で指揮を執る、本部長と吉田所長は勇者に見えてしまうほどたくましかったです。自分だって逃げたいはずなのに責任感だけで何とかしたい気持ちがありました。次々と原子炉が爆発して、もうどうにもならないと思ったはずです。福島県は残った50人がどんな気持ちだったのか計り知れません。便利なものが恐怖の瞬間に変わるのをまざまざと見ることになりました。便利な物に頼ると後悔するよと藤子不二雄先生が言ったことを思い出します。

30代男性

自然の前に人の力は何もすることが出来ないと、まざまざと感じられる作品だったと思います。ノンフィクションだからこそ伝わる事実と、みんなが経験したあの大地震の後の世界的な事件をリアルに感じる事が出来ました。吉田所長は数々の有名な存在として出てきますが、今回この映画で初めて感じたのは伊崎は凄い人だという事がわかりました。あの過酷な状況で決してあきらめる事なく、決死隊まで作りベントをしにいった全員が凄かったと思います。もし、何もしなければ日本は本当に終わっていたかもしれませんし、その願いが通じたのか窓が自然に外れたのは神様の仕業なのかもしれないと思いました。しかし、政治が本当に重要だと感じたのも事実です。もし、民主党ではなく自民党だったらもっと対処が早く、そしてここまでの自体にならなかったのかと思う人も多かったと思います。政治家だけではなく、本店の重役もしかりですが、リーダーが選択を誤ると全てがダメになるという事がまざまざとわかった気がします。放射能の被爆で亡くなったとされる方はいませんが、吉田所長がなくなったのはきっと放射能が関係しているのかもしれません。この映画は、チェルノブイリ原発の事故と匹敵する歴史に残る事故なので非常に見ごたえのある映画だったと思います。

20代男性

原発事故を最小限に食い止めようとした、原発内の約50人「フクシマフィフティ」の戦いの記録です。実話ベースですが現場作業員の視点で描かれているので、東電本店や首相はやや「無能や老害」にも見えます。その点で本作は「現場視点のみに特化したディザスター(大災害)映画」ですが、今この時期に作られた意義はとても重要だと感じます。大震災を経験して現在も生きている私達が観る意義も充分あると思います。似たようなディザスタームービーの邦画『シンゴジラ』では、無能な内閣総理大臣が想定外の事態に混乱する姿がコメディ調で描かれ、その最後が見どころ?の1つにもなっています。以後の私の感想考察は「事実」についてではなく、あくまでも「作り話も含めての映画『Fukushima50』」について書いていきます。福島原発事故の更なる詳細が気になる人はWikipediaや、上の原作本を読むといいかも。原子力発電所や放射能についての基礎的な知識はあるけど、この映画で発声される専門用語の数々は細かく知らないものが多かったです。ただ、それらを知らなくても「事態の深刻さ」は把握できるので、観た後で調べてもいいと思います。作業員がマスクしながら話すシーンの会話内容が聞きとりにくかった方が気になりました。この内容も聞きとれなくても物語を理解するのに支障はないけど、もう少し撮影の方法等で工夫がほしかったとは感じます。

30代女性

映像で見せられると、想像をはるかに超える壮絶な世界だったことが分かります。3分の1ぐらいは泣きながら見ていました。 今日私たちが東北地方も含め、東日本に住むことができていることを、当時がんばった東電社員をはじめとした関係者に感謝しなければならないと思いました。 東京電力に対しては、あまり良いイメージは持っていなかったけれど、現場の人たちは必死に戦っていたをことを思い知らされました。 それに引き換え、いまだに原発を推進しようとしている政治家には呆れます。いい加減に再生可能エネルギーに切り替えるべきでしょう
またこの作品でもっとも恐ろしいと思ったことは、ヒーローが描かれない事ではないだろうか。もちろん、震災後福島第一に残った50人は全員ヒーローだと思いたいしかし原子力はそんなに甘くない。地震・津波・そして人間が作り上げた原子力の前で人間はただただ無力である。結局、この残された50人の人たちは東電や国家の面子を重んずるためだけにいつ原子炉が大爆発してもおかしくない現場に取り残された犠牲者でしかない。まったくひどい話である。更に呆れるのは、当時も問題になっていた総理の行動。このように後になって映画化された場合は、真実が明らかになり誤って報道された事が正されることが多い。しかし、当時の報道よりひどい内容で言葉にならなかった。公開時期がコロナ禍に重なってしまい、興行的にはどうなっているか分かりませんが、多くの人に観てほしいと思います。