ヒミツのアイちゃんの無料動画を1話からフル視聴する方法【最新話まで】

ヒミツのアイちゃんの動画を無料視聴する方法

「ヒミツのアイちゃん」

フジテレビの動画配信サービス「FODプレミアム」

第1話から最新話まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「FODプレミアム」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

< FODプレミアムのおすすめポイント>
 
・フジテレビ系列の人気の月9ドラマなどフジテレビ作品が5000本以上見放題
・FODでしか見ることができないオリジナル配信作品も配信中
・アニメ、海外ドラマなどFOD独占でラインナップ!話題の新作映画も
120誌以上の人気雑誌が読み放題!ファッション雑誌や女性誌までラインナップ
スマートフォンパソコンは もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々976円で継続でき、毎月最大900ポイントもお得
 
<FODユーザーの声>

20代女性

月9ドラマが見たくて、登録したところ、登録後すぐに動画を見れたのでビックリした!月額制だけど、スマホのアプリで見れるし、お手軽に楽しめる。また、FOD限定配信ドラマとか、地上波で放送されないきわどいドラマもあり、面白い♪スマホで見ると、通信量が気になるけど、Wi-Fiなら通信料金を気にせず楽しめるし、一気に見れるのでストレスなく動画を視聴できる。月額料金を払っているけど、雑誌も読む放題なので、待ち時間とかにスマホで動画を見たり、雑誌を見たり、時間をつぶせて本当に便利♪

ヒミツのアイちゃんの見逃し動画まとめ

■第1話から最新話までフル動画の視聴方法■

今すぐFODプレミアムで動画を見る

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用することをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画>第8話
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第8話の公式あらすじ

デートの約束をしていた愛子は駅前に向かうと、偶然が重なり全員集合。何か言いたそうな玲欧の元カノ・柚香を残し、郁が玲欧を強引に引っ張って行く。元カノの出現に動揺を隠せない愛子。煽る郁と、「信じるしかない」と励ます広子。ある日、学校に柚香が現れた・・・。愛子は柚香に1on1の勝負を挑む。その後、愛子は柚香の玲欧への真っ直ぐな想いを聞いてしまう・・・そして・・・
 
<出典>FOD公式

第8話のネタバレはここをクリック
玲欧の元カノ

ちょっとしたすれ違いがありながらも、玲欧と順調に交際を続ける愛子は、久しぶりに誘われたデートに意気揚々と向かっていく。

待ち合わせ場所で待っていた玲欧を発見した愛子は、そこに偶然やってきた笈原柚香の姿に気がつくのだった。

柚香に声をかけられた玲欧は、その姿に驚いてしまうが、すぐに愛子に気がつくと、愛子を彼女だと紹介するのだった。

3人が微妙な雰囲気になる中、そこに愛子たちを探していた郁や巧そして健司たちがやってくるのだった。

柚香のことを知っている健司が驚き声をかけるのだが、郁はその柚香が玲欧の元カノだと気がつくと、律希に呼ばれていると強引にお店へと連れて帰るのだった。

 
元カノの存在

人手が足りず愛子も働くことになってしまうのだが、玲欧もまた急にアルバイト先から呼ばれ出ていってしまう。

お店の外に送りに来た愛子に、玲欧は柚香とはすでに終わった関係であり、今は愛子だけなのだと告げアルバイトに向かっていくのだった。

お店に戻った愛子だったが、やはりどうしても玲欧と柚香のことが気になってしまい、なかなか仕事が手につかなくなってしまう。

その姿を心配した巧が声をかけるのだが、愛子はまったく気にしていないと強がりを見せてしまうのだった。

仕事が終わり着替えようとした愛子に、郁は元カノと連絡を取っていないかスマホを確認するべきだと語る。

玲欧がそんなことするはずないと笑って返す愛子だったが、その後事務所で広子が泣いていることに気がつくのだった。

 
募る不安

広子に声をかけた愛子は、そこで律希が元カノと連絡をしていたのを見てしまったのだと聞かされるのだった。

怒った愛子が急いで家に帰ると、ソファで寝ていた律希を叩き起こすと、どうゆうことなのだと問い詰める。

律希は数合わせで参加した合コンでたまたま元カノの再会したのだと弁明するも、愛子は広子が泣いて悲しんでいたと厳しく伝えるのだった。

その頃、アルバイト先で片付けをしていた玲欧は、登録のない番号からの着信に気がつき電話に出る。

なんとその相手は柚香であり、借りっぱなしになっていたTシャツを返したいと話をするのだが、玲欧は今の彼女を大切にしたいと答え連絡はしないで欲しいと語るのだった。

一方、律希のことや郁からの言葉に揺れてしまった愛子は、玲欧に電話をかけるのだが、通話中で電話にでない玲欧に不安が募っていくのだった。

 
勝負

翌日、部活をしていた玲欧たちの前に、なんと柚香がやってくると、健司が見学していって欲しいと手を引くのだった。

舞が愛子だと知らない健司は、慌てる玲欧の気持ちも知らずに、柚香を体育館へと連れてきてしまうのだった。

愛子や広子、そして巧が心配そうに見つめるなか、柚香はどうしても玲欧と話がしたいのだと語る。

あくまで話すつもりのない玲欧が冷たくしていると、玲欧に言い寄る柚香を良く思わない郁が愛子に柚香と勝負するよう持ちかける。

乗り気ではない愛子だったが、健司は柚香が玲欧のバスケの師匠であり敵うはずがないと話すと、その闘志に火が着いてしまう。

愛子とバスケ勝負することになった柚香もいい動きを見せるのだが、ブランクもあり愛子に負けてしまうのだった。

 
守る方を間違えるな

勝負も終わり手を洗いに行った柚香に優しくタオルを渡す巧は、笑顔を見せながら「元カレに会いに来るなんていい度胸してますね」と牽制する。

その場面を見てしまった玲欧は、柚香が実は繊細であると語り、巧を制するのだが、巧はその言葉に怒ってしまう。

玲欧の胸ぐらを掴んだ巧は「守る方を間違えるな」と語ると、次は許さないと厳しく睨み付けるのだった。

その後玲欧と2人きりになった柚香は、別れた今でも玲欧のことが好きであり忘れられないのだとその思いを語る。

転校してしまい距離が離れてもなお、その気持ちは薄れることはなく、後悔だけが残ってしまったのだと話す。

それでも玲欧は、手を離したのはそっちが先だろうと、柚香を突き放し1人で去っていってしまうのだった。

 
玲欧が好き

荷物を置いたまま帰ってこない柚香を心配した愛子は、それを持って玲欧たちを探していると、2人の話しているところに出くわしてしまう。

玲欧が柚香を突き放したことに安心する愛子だったが、1人泣き崩れる柚香を放っておくことができずにそっとコートをかける。

柚香はまだ玲欧に未練があり、そんな前に進めない自分が情けないのだと涙をこぼしながら語る。

そんな柚香に、愛子は恋することでありふれた日常が輝いて見えること、そのぶん不安や心配も多く、そんな情けない自分がいることがあるのだと語る。

その愛子の言葉に、柚香は愛子も好きな人がいることを知ると、愛子は柚香の目を見つめて「玲欧が好きだ」と語るのだった。

第8話の感想はここをクリック
玲欧の元カノの柚香が登場しましたが、バスケも上手く、さらに美人ということもあり、愛子はかなり焦っているようでした。
 
それでも愛子のイケメンぶりは健在で、そんな恋敵でもある柚香を優しく慰めるなど、ほんと愛子はイケメンですね。
 
愛子が玲欧を好きなこと、そして玲欧もまた彼女がいることを知った柚香は、これからどんな行動に出るのか、そして玲欧はどんな答えを出すのか楽しみですね。

<見逃し動画>第7話
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第7話の公式あらすじ

玲欧と仲直りした愛子は、初めて玲欧の部屋へ・・・。近づいてくる玲欧に覚悟を決め目を瞑る・・・が、愛子は大事なことに気づいてしまう・・・!翌日から玲欧の態度が素っ気ないと感じる愛子。外で会う時間は減り、部活でも勝負にのってこないし、教室ではずっと寝ている玲欧。不安になった愛子は、広子と郁とともに玲欧の後をつけることにした。そこで見たものは・・・
 
<出典>FOD公式

第7話のネタバレはここをクリック
仲直り

メイドカフェ「スピカ」でアルバイトすることになった愛子は、そこにやってきた玲欧に気づかれてしまうと、そんな玲欧に告白され付き合うことになる。

そんなある日、愛子のお人好しの性格から巧との関係に不安を感じた玲欧は、そのことで愛子と喧嘩になってしまう。

お互いなかなか素直になれないまま、スピカでのハロウィンパーティーが開かれ、そこで愛子はお客から襲われそうになる。

巧に助けられた愛子は、そのまま抱きしめられてしまうが、自分達は友だちだとそんな巧を突き放す。

するとそこにやってきた玲欧は、愛子を自分の方に抱き寄せると、彼女に手を出すなと睨み付け外へと出ていくのだった。

外に出てきた2人は、お互いに昨日言いすぎてしまったことを謝ると、仲直りしそのまま夜のデートに向かっていくのだった。

 
愛子の気持ちを尊重する

外でアイスを一緒に食べていた愛子と玲欧であったが、10月になり寒さが増してきた季節からか、愛子はくしゃみを連発してしまう。

すると玲欧は、母親が夜勤でいないと話すと、自分の部屋に来ないか?と愛子を誘い、愛子もその言葉にうなずくのであった。

玲欧の部屋へとやってきた愛子は、バスケ用品に囲まれた玲欧の部屋にテンションが上がると、そんな愛子に玲欧がゆっくりと近づく。

玲欧は「男の部屋に来ることの意味わかるよな?」と声をかけると、顔を近づけキスしようとする。

そのキスを受けようとする愛子であったが、今日着けてきている下着が”二軍”であることを思い出し、咄嗟に断ってしまうのだった。

断られてしまった玲欧だったが、愛子の気持ちを尊重すると伝えると、家まで送ることにするのであった。

自宅まで愛子を送ってきた玲欧を見つけた律希は、そこで酔っぱらいなが「いいことを教えてやる」と伝えるのだった。

 
怪しい玲欧

その翌日、玲欧は愛子からの誘いを断ると、まっすぐラーメン店に向かっていくと、そこでアルバイトを始めるのであった。

しかし愛子には内緒にしているようで、そらからも愛子の誘いを断り、勝負もせずにまっすぐ帰っていくのだった。

そんな玲欧を疑惑の目で見つめていた愛子は、部活でも動きが鈍かったり、休み時間もずっと寝ている玲欧に「様子がおかしい」と感じ始めるのだった。

いつも通りスピカでアルバイトをしていた愛子は、郁や広子にそのことを相談していると、横から律希がやってる。

そんな律希は「男は浮気する生き物である」と語ると、必死に否定する愛子だったが、やはり気になってしまうのだった。

 
一触即発

翌日、部活の練習をしていた愛子は、昨日のこともあり、巧と少し気まずくなってしまうのだった。

しかしそんな愛子の様子に気がついた巧は、これからも友達でいようと笑顔を向け愛子を安心させるのだった。

2人が近づくことを面白く思わない玲欧がその間に入ろうとするが、郁と建司に止められてしまうのだった。

その日の午後、巧と廊下で出会った玲欧は、改めて愛子に近づくなと注意をするのだが、巧は公にしない玲欧に負けるつもりはないとにらみ返すのであった。

 
玲欧のヒミツ

ある日愛子は、広子と着いてきた郁とともに学校帰りの玲欧の後をこっそりと尾行していくのだった。

ラーメン店に入っていった玲欧を見ていた愛子の元に、同じラーメン店で働く兄の蘭治が声をかけてくるのだった。

愛子は蘭治に玲欧のことを尋ねるのだが、蘭治は「男の約束だ」とアルバイトする理由などを答えずに去っていくのだった。

するとなにかに気がついた郁は、ため息まじりに呆れてしまったと話すと、1人で先に帰ってしまうのだった。

訳がわからない愛子に、広子がもうすぐ愛子の誕生日であること、そしてそれを知った玲欧がこっそりアルバイトをしているのだと教えると、愛子はそんな玲欧にときめいてしまうのだった。

 
緊張する愛子

必死に働く玲欧は、蘭治から無理をするなと言われながらも、やっと目標金額に到達しそうなのだと答えるのだった。

一方、玲欧の必死な姿を目の当たりにした愛子は、デートがしたいと玲欧にメッセージを送ると、そこで玲欧の家に行きたいのだと緊張しながら伝える。

そしてデート当日、可愛い下着を着けおめかしをして待ち合わせ場所に向かっていった愛子は、待っている玲欧の姿を見て思わず笑みがこぼれてしまう。

そんな玲欧を見ていた愛子は、その玲欧に近づく1人の女性がいることに気がつくのであった。

玲欧もまた、その女性に気がつくと「ユウカ」と思わず声が出てしまうのであった。

第7話の感想はここをクリック
相変わらず愛子の純粋な感じや、そんな愛子を優しく見守る玲欧など、かなり胸キュンな展開でしたね。
 
そして何より、愛子の誕生日のためにアルバイトをするなど、本当に愛子のことが好きなんだなと感じさせられます。
 
巧もまだまだ諦めていないようですが、最後に現れた謎の「ユウカ」という女性が一体何者なのか、そしてそのユウカがどんな波乱を起こすのか気になりますね。

<見逃し動画>第6話
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第6話の公式あらすじ

階段から落ちそうになった愛子をかばって巧が腕を怪我してしまう。責任を感じた愛子は「オレが面倒みるよ!」と手をあげる。睨みつける玲欧。玲欧は巧を警戒するように愛子に忠告する。「大丈夫」と笑っていた愛子はある日、巧が一人ハロウィンパーティーの準備を頼まれたと言うので手伝うことに。するとそこで巧が愛子に・・・。巧の思いがけない行動にテンパった愛子。そしてそれは玲欧との大ゲンカに発展し・・・
 
<出典>FOD公式

第6話のネタバレはここをクリック
巧の怪我

女子として自分に自信がない愛子は、兄が経営するメイドカフェの「スピカ」でメイドとして働かされることになる。

そこに玲欧が客としてやってきて、すぐに愛子だと気が付かれるが、愛子は舞として接して欲しいとお願いし、そんな舞と玲欧は付き合うことになるのだった。

初めてのデートに向かった愛子と玲欧だったが、そこに巧と郁の双子がやってきて、そのデートを掻き回されてしまう。

しかしお互いの気持ちを再確認できたことに喜びを感じる2人だったが、そんな玲欧のポケットからホテルの半額チケットが出て来てしまい、愛子は自分の初めてが半額なんてとそのまま帰ってしまうのだった。

そんなことを広子にぼやいていた愛子は、別の生徒とぶつかった拍子に階段から落ちてしまうと、近くにいた巧がそんな愛子をかばうのだった。

 
やきもち

腕に怪我をしてしまった巧を見ていた愛子は、その責任を感じ、怪我が治るまで自分が面倒を見ると宣言してしまうのだった。

巧が愛子に好意を持っていることを聞いていた玲欧は、そんな愛子のことが心配になってしまうのだった。

音楽室に愛子を呼び出した玲欧は、お人好しすぎる愛子を心配して、絶対に2人きりになるなと言って愛子を抱きしめる。

そんな玲欧の気持ちを知った愛子は、嬉しそうにうなずき、その胸に顔を寄せるのであった。

しかし面倒を見ると決めた愛子は、率先して巧の手助けをしており、さらに痛めたのが利き腕であったため、食事の手伝いまでするのであった。

やりすぎだと注意する玲欧だったが、愛子は責任は自分にあるのだと話し、さらに巧はただの友達なのだと伝えるのであった。

 
巧を解放する

愛子に世話されながら食事をしているところを見た郁は、楽しそうにする巧がいることに気がつくのだった。

愛子が食器を片付けに行ったのを確認すると、巧のもとにやってきた郁は、巧の表情から愛子のことが好きになったことに気がつく。

今まで自分のために、その生活を抑制させてしまっていたことに気がついた郁は、巧にも自由に恋愛するべきだと語る。

玲欧とのことを心配する巧だったが、郁はフラれはしたが、まだまだ諦めたわけじゃないと話すと、巧の恋を応援することを決めるのだった。

郁から解放されることになった巧は、愛子と玲欧がキスしていた現場の写真を呼び出すと、そっとそれを消去するのであった。

 
心配する玲欧

その日の放課後、巧はメッセージを見て思わず「まじか」と呟いてしまうと、それを聞いた愛子が心配して声をかける。

巧は律希からスピカの片付けを依頼されたようで、腕を怪我していることもあり、愛子がそれを手伝うことにするのであった。

部活にやってきた玲欧は、そこに愛子がいないことに気がつくと、広子からスピカの片付けに向かったことを知らされる。

心配になって電話をかける玲欧だったが、片付けに夢中な愛子はそれに気が付かず、玲欧はさらに不安を募らせるのであった。

その頃スピカで片付けをしていた愛子は、誰も来ないことに不思議がると、そこで玲欧から隙が多すぎると指摘されたことに気がつくのだった。

 
動揺する愛子たち

片付けをしていた愛子と巧であったが、そこで巧は愛子が舞であることを知っていると告白するのであった。

玲欧との関係をヒミツにする理由を尋ねられた愛子だったが、うまく表現できずに黙ってしまうのであった。

すると巧は、自分は愛子のことが好きなのだと告白すると、そのままの愛子でいいのだと伝え、愛子を動揺させるのだった。

愛子が心配になった玲欧がスピカにやってくると、そこに巧しかいないことを知りすぐに帰ろうとする。

そこで巧から、愛子に告白したことを伝えられた玲欧は、すぐに愛子に電話をかけるのだが、広子と電話していた愛子はそれに気が付かない。

ちゃんと話すべきだと感じた愛子は、なかなか玲欧にそのことを伝えられずにモヤモヤする夜を過ごすのだった。

 
喧嘩してしまう

翌日、学校で玲欧に会った愛子だったが、昨日のこともありなかなか上手く話せずにいるのだった。

そのことを広子に相談すると、翌日行われるスピカのハロウィンイベントの招待状を渡して話すべきだと伝えられる。

思いきって玲欧を音楽室に呼び出した愛子は、そこで告白されたことを伝えるが、玲欧はそれを知っており、そのことで口論になってしまうのだった。

翌日、ハロウィンイベントが開催され、そこで笑顔を振り撒く愛子だったが、玲欧が来ないことにソワソワしてしまう。

そんな中、愛子のコスプレに硬変したお客が愛子に襲いかかると、そこにやってきた巧がそれを助けるのだった。

驚き腰を抜かしてしまった愛子を優しく抱きしめた巧にホッとしてしまった愛子は、そのまま抵抗せずに抱きしめられてしまうのだった。

第6話の感想はここをクリック
なかなか上手くいかない玲欧と愛子ですが、さらに巧という強力なライバルの出現にさらに困惑していましたね。
 
制服姿の平祐奈さんも可愛らしいですが、コスプレした祐奈さんもとても可愛くて、かなり人気がありそうですよね。
 
巧の優しさを目の当たりにした愛子は、不器用な玲欧との間でさらに迷ってしまいそうですね。

<見逃し動画>第5話
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第5話の公式あらすじ

遊園地にデートにやって来た愛子と玲欧。思いっきり楽しもうとしているとなんとそこに郁と巧がやって来た!「好きな人のことならなんでも知っている」と玲欧に近づく郁。マウントをとってくる郁の振る舞いにどんどん愛子の元気が無くなって行く・・・。そんな愛子の顔を見た玲欧は・・・。ようやく二人きりになれた愛子と玲欧。しかしそこへ巧が「郁がいなくなった・・・」とやって来る。手分けして郁を探していると、観覧車に乗り込む玲欧と郁を見つけた愛子は思わず巧と一緒に別の観覧車に乗り込んでしまう・・・。愛子×巧と玲欧×郁はそれぞれ・・・
 
<出典>FOD公式

第5話のネタバレはここをクリック
ドキドキする愛子

玲欧と友達のような関係を続けていた愛子だったが、自分の気持ちに気がつき、玲欧と付き合うことになるのだった。

そんな玲欧とデートの約束をした愛子は、ある日、玲欧に誘われるがままベッドに入る夢を見てしまうのだった。

ドキドキする愛子は、親友の広子にそのことを相談すると、願望が夢に出てきたのではないかと言われて慌ててしまう。

動揺を隠すために広子にも同じ状況になったらどうするのかと尋ねると、広子は「好きな人がしたいなら」と受け入れる覚悟があることを告げるのだった。

広子の言葉に納得した愛子だったが、そんな広子からスポーツブラではだめだと指摘されてしまうのだった。

その夜家に帰ってきた愛子は、昔に買った可愛い下着をなんとか見つけ出すと、感慨深そうにそれを眺めるのだった。

するとそんな愛子のもとに、玲欧から「当日は舞ではなく愛子で来て欲しい」とメッセージが届き、愛子は悩んでしまうのだった。

 
今日を楽しもう

そしてデート当日、愛子を待っていた玲欧の前に、朝まで飲み明かした律希がやってくると、愛子のことが心配だと告げる。

そして「性教育はよろしく」と無理矢理玲欧の手に、ラブホテルの割引券を握らせるのであった。

そんな玲欧の前に、舞の姿をした愛子がやってきて、やはり愛子では恥ずかしさがあるのだと言われてしまう。

申し訳なさそうにする愛子だったが、その姿を見た玲欧は、その可愛さに免じて許すと優しい言葉を掛けるのだった。

遊園地にやってきた愛子は、夢のことや広子の言葉が気になってしまい、直接玲欧にその質問をぶつけてしまうのだった。

愛子のストレートな質問に、玲欧は周囲からの言葉など気にするなと声をかけると、今日を楽しもうと話し笑顔を見せ愛子を安心させるのだった。

 
郁たちの登場

愛子にとって初めてのデートであり、乗り物に乗ったりと、楽しい時間を過ごしていくのだった。

ベンチに座り休憩していた2人の前に、なんと偶然を装った郁と巧がやってきてしまい、愛子たちの邪魔をするのだった。

広子に電話をかけた愛子は、律希が口を滑らせてしまったと聞き呆れていると、郁は嬉しそうに玲欧にくっつくのだった。

そんな郁に冷たくする玲欧であったが、悲しそうな顔をした郁は、友達と遊んでみたかっただけなのだと話すのだった。

郁の悲しそうな顔にやられてしまった愛子は、玲欧と遊ぶことを許可してしまい、そんな自分に落ち込んでしまうのだった。

 
不甲斐ない2人

乗り物から帰ってくると、郁は玲欧が好きな缶コーヒーをそっと差し出し「好きだったよね?」と笑顔を向ける。

さらに郁は、玲欧がバスケットボールのTシャツを集めていることなど、玲欧の好きなものは何でも知っていると話す。

好きな人のことは知ってて当然と話す郁を見ていた愛子は、自分があまり知らないことに少しショックを受けてしまう。

その様子に気がついた玲欧は、その缶コーヒーを突き返すと、舞がコーヒーを好きではなく、キスする時に不快な思いをさせたくないのだと告げる。

そして愛子の手を引くと、そこから足早に去っていってしまうと、郁は悔しさを滲ませるのだった。

玲欧が少し冷たすぎるのではないかと注意した愛子だったが、自分もまた玲欧のことをあまり知らなく、少し悔しかったと語るのだった。

 
いなくなった郁

そんな2人の元に、慌てた様子の巧がやってくると、郁が居なくなってしまったのだと慌てた様子を見せる。

広い園内を、3人で必死に探していると、玲欧が一人泣いている郁を発見するのであった。

郁は、玲欧を連れて観覧車に乗ろうとしているのを見つけた愛子と巧は、自分たちも乗ろうと後を着いていくのだった。

観覧車に乗った玲欧に気持ちをぶつける郁だったが、その気持ちには応えることはできないと、玲欧は改めて愛子が好きなことを伝えるのだった。

一方、巧と観覧車に乗った愛子は、そこで郁がこれまで多くの彼氏を奪ってきたことを聞かされ、さらにそれに加担してきたという巧を心配するのだった。

自分の心配をしてくる愛子の姿に、巧はまっすぐで優しい愛子に、恋をしてしまうのだった。

 
信じてる

観覧車から降りた玲欧と郁に声をかけた愛子は、好きじゃない人を誘惑するのは止めたほうがいいと伝える。

巧が話したのかと怒る郁だったが、愛子のまっすぐな目を見て、そのまま帰ってしまうのだった。

やっと玲欧と2人きりになれた愛子は、郁と観覧車に乗ったことに少し嫉妬したと語るが、それでも玲欧を信じているのだと語る。

それを聞いた玲欧は、思わず愛子を抱きしめるのだが、巧が愛子を好きになったことを知り、複雑な表情を浮かべるのだった。

第5話の感想はここをクリック
かなり強引な郁に押されっぱなしの2人でしたが、愛子へのまっすぐな思いを抱いてる玲欧はかっこよかったですね。
 
それにしても、郁を守るためには何でもすると語る巧ですが、愛子のことを本気で好きになってしまったようで、巧と玲欧もライバルになってしまいました。
 
これからこの4人がどんな恋愛を繰り広げていくのか、楽しみに見ていきたいと思います。

<見逃し動画>第4話
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第4話の公式あらすじ

周囲に正体を隠して付き合うことになった愛子と玲欧。学校ではライバルの愛子として過ごし、外では舞として玲欧とデートを重ねる。しかし学校ではいつも周りに郁や女子たちがいる玲欧を見て、今までとは違う切ない想いが積み重なって行く。すると巧がモノ言いたげに玲欧に揺さぶりをかける。そんなある日、愛子がいつものようにスピカでバイトしていると玲欧の親衛隊が「舞さんに挨拶させて」とやって来た!ピンチの愛子。そんな愛子を救ってくれたのは・・・
 
<出典>FOD公式

第4話のネタバレはここをクリック
最大の敵

双子の郁と巧きょうだいが現れたことで、順調だった愛子と玲欧の2人の関係が拗れてしまいだしていた。

それでも玲欧は、体育用具室に愛子を連れてくると、そこで愛子から玲欧に相応しい女になったら公表したいと告げられ、玲欧もそれを優しく見守ることにする。

優しさに笑顔を見せる愛子に、優しくキスをする玲欧たちを、偶然通りかかった巧が見てしまい、それを写真に納めるのであった。

その帰り、仲直りしたことを広子に伝えた愛子は、すっきりした表情で満面の笑みを浮かべるのだった。

するとそんな広子から、正式に律希と付き合うことになったと聞かされると、親友に手を出した兄に怒りを露にするのだった。

問い詰められる律希だったが、愛子の性格を熟知しているため、恋愛もまた勝負事なのだと煙に巻く。

勝負と聞いた愛子は、その秘訣を教えて欲しいと律希にしぶしぶお願いすると、最大の敵は他でもなく愛子自身なのだと告げられるのであった。

 
モヤモヤする愛子

翌朝部活に向かった愛子は、いつも通りに玲欧を見つけ勝負を挑もうとするのだが、そこに割って入った郁と巧に邪魔されてしまう。

さらに親衛隊が玲欧を取り囲むように群がってくるのを見た愛子は、昨日の律希との会話を思い出すのであった。

律希は、恋愛の最大の敵は自分自身だと言われ、さらに本性を隠しておくことは他の女子たちからちやほやされる玲欧を見続けることになるのだと言われてしまうのだった。

それを言われた愛子は「そんなの平気だ」と答えたものの、いざ目の前でそんなちやほやされる玲欧を見ていると心がざわつき始めるのであった。

お昼くらいは玲欧と食べようとおにぎりを持って玲欧の教室に向かっていくが、そこにはすでに郁がおり悔しさをにじませながら広子の所へ向かっていく。

我慢することがこんなにも辛いとはと弱音を吐く愛子だったが、広子の応援もありまだまだ頑張ることを決意するのであった。

 
優しい愛子

その夜、玲欧がスピカに行くというLINEが入ってくると、嬉しそうにする愛子だったが、暫く考えると「絶対に来るな」と返信するのだった。

それでも愛子に会いたくなった玲欧は、翌日スピカにやってくると、入り口で準備をしていた巧に声をかけられるのだった。

巧は舞に会いに来たのかと質問すると、自分もまた喜怒哀楽激しい舞で楽しませてもらっていると意味深な言葉を掛けるのであった。

その後席に通された玲欧に、愛子は来るなと言ったのにと不機嫌な顔をするが、玲欧はそれでも会いたかったのだと語る。

そんな玲欧のテーブルに郁がやってくると、愛子はこれが原因なのだと告げると、郁と争わずに店の奥へと向かっていく。

負けず嫌いの愛子が勝負をしなかったことに驚いた広子は、偉かったと声をかけると、愛子は苛められていた郁のことなどを思い出すと調子が狂わされるのだと語るのだった。

 
問題発生

そんな話をしていると、新しいお客が入ってくるのに気がついた愛子が接客に向かっていくのだった。

しかしそこに居たのは玲欧の親衛隊たちで、愛子は咄嗟に身を隠すと、玲欧も愛子を隠そうと立ち上がるのだった。

すると親衛隊たちは、玲欧がいることに驚きながらも、郁がいることにさらなる不快感を覚えていくのだった。

その親衛隊たちは、学校での態度も気にくわないのだと語ると、郁に詰め寄るとそのまま突き飛ばしてしまうのだった。

咄嗟に玲欧が助けるのだが、それでも郁への感情が抑えられずにいたところ、そこに巧がやってきて親衛隊たちに頭を下げる。

その執事のようなスマートな謝りかたや、イケメンの巧の登場に、親衛隊たちも顔を真っ赤にして引き下がるのであった。

 
郁のお願い

怪我をしてしまった郁の手当てをしようと救急箱を探していた愛子は、そこでスマートに助けてくれた巧にお礼を伝える。

すると巧は、郁を守るためならなんだってすると笑顔を見せ、救急箱を取り出し愛子に渡すのだった。

その頃、店の片付けを手伝っていた玲欧は、律希から愛子のことを聞かれ本気なのだと答える。

すると真剣な表情をした律希から、絶対に傷つけるなと念を押され、その言葉に玲欧はしっかりと頷くのだった。

ちょうどそこに救急箱を持ってきた愛子がやってくると、それを受け取った玲欧は、郁としっかり話してくると伝える。

そして郁のもとにやってくると、舞のことが本気で好きであり舞もまた自分のことが好きなのだと伝え、諦めて欲しいと告げ去っていくのだった。

呆然とする郁のところにやってきた巧は、そこで玲欧をどうしても諦めたくないと言われ、愛子を落とすように指示されそれにと頷くのだった。

第4話の感想はここをクリック
平祐奈さんのメイド姿というよりも、ロングヘアー姿がとても可愛らしく、それだけでも見る価値あるドラマですね。
 
巧と郁の関係ですが、かなり強い絆のようで、郁を絶対に守るという強すぎる意思を感じ、かなり手強い感じがしますね。
 
郁と巧がタッグを組み玲欧と愛子を引き離すようですが、かなり困難な問題になりそうな予感がします。

<見逃し動画>第3話
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第3話の公式あらすじ

正式に付き合うことになった愛子と玲欧。しかし、愛子は初めての彼氏でどうすればいいのかわからない。戸惑う愛子をよそに玲欧はいつもと変わらない様子。玲欧の親友・健司に「玲欧の彼女はメイドの舞さん」とクラスメイトにバラされるも、玲欧は舞が愛子だと訂正しようとする。そんな玲欧に愛子は「言わないで!」と懇願する。付き合ってることを言いたくない愛子と言いたい玲欧。2人の気持ちはすれ違う。そんな時、最強の双子・郁と巧が現れた!!
 
<出典>FOD公式

第3話のネタバレはここをクリック
初彼女

女子大生の舞として玲欧をおちょくろうとしていた愛子だったが、いつの間にか玲欧への気持ちが強くなっていく。

さらに玲欧もまた、舞が愛子であることに気付いており、そんな愛子についに告白をするのだった。

玲欧の気持ちを知り、愛子自身の気持ちも教えて欲しいと言われ、愛子もまた好きだと告白するのだった。

キスしようと顔を近づけた玲欧だったが、そこに様子を見に来た久保や広子がいることに気がつき、2人は慌てて距離を取るのだった。

久保たちは最初から見ていたとにやつきながら、これからどうするのかと玲欧に問いかけると、玲欧は愛子を抱き寄せると付き合うことにしたと宣言するのだった。

翌朝、学校へ行く愛子に声をかけた兄たちであったが、食事にも興味を示さず呆然とする姿に、愛子が恋をしていることを悟るのだった。

 
複雑な気持ち

学校へ行く途中、これまでまったく恋愛経験のない愛子は、付き合うということがどういうことなのかわからずに頭を抱えてしまう。

さらに学校へついた愛子は、久保がクラスメートたちに舞の写真を見せ、玲欧が付き合うことになったのだとばらしていることに気がつく。

そこにやってきた玲欧は、舞が愛子であることを話そうとするが、気恥ずかしさからなのか、愛子は懸命に玲欧を止めると黙ってて欲しいと懇願するのだった。

その日の帰り、愛子は舞の格好をして玲欧と一緒にアルバイト先である「スピカ」へとやってくるのだった。

そこで玲欧は、愛子として歩いてもいいんじゃないかと声をかけるのだが、愛子では釣り合いが取れないとそれを拒否する。

それでも愛子は、アルバイトを辞める決心すると、玲欧は一人占めできると笑顔でその姿を見送るのだった。

 
募るイライラ

スピカへとやってきた愛子は、開口一番このアルバイトを辞めさせて欲しいと、律希にお願いする。

すると律希は、思った以上にさらっとそれを受けいると、後ろを指さし新人が入ったのだとかたるのだった。

振り向いた愛子は、あまりにもメイド服が似合い、とても可愛らしい笑顔をした森川郁を紹介されるのだった。

さらに厨房には、郁のは二卵性の双子だという森川巧が入ってきており、愛子はその2人を重宝する律希の行動にイライラを募らせていくのだった。

メイドとしては先輩にあたるために、その様子を見ていた愛子は、その完璧な接客態度を見せつけられ、さらにイライラを募らせていくのだった。

 
気になる存在

普段の負けず嫌いが出てきてしまった愛子は、郁の接客の間に入ろうとするのだが、どのお客さんも郁を指名するのだった。

すっかり落ち込む愛子の前に、お客として玲欧が様子を見にやってくると、その玲欧を見た郁が接客すると勝手出る。

玲欧は舞と付き合っているのだとそれを断ろうとするが、郁はそんなこと気にしないと一歩も引き下がろうとはしなかった。

郁に接客される玲欧を見ていた愛子は、その甘い声や仕草にさらにイライラしてしまうのであった。

一方玲欧も、背が高くイケメンの巧が愛子と話している姿を見て、モヤモヤを抱えていくのであった。

 
言葉の力

その帰り、玲欧と一緒に歩く愛子は、郁に負けた感じがして嫌だと、アルバイトを辞めないことを告げる。

それを聞いた玲欧も納得するのだが、愛子と付き合っていることは学校でも公表したいと語る。

すると急に緊張した愛子は、恥ずかしいと断ると、その言葉を聞いた玲欧は怒ってしまい帰っていくのだった。

翌日広子にそのことを相談した愛子は、言葉が時には人を傷つけてしまうのだと諭され、玲欧に謝ることを決意するのだった。

するとそこに久保がやってくると、転校生がやってくると知らされ、それが郁と巧であることに愛子は驚いてしまうのだった。

 
初めてのキス

偶然玲欧と同じクラスになった郁は、出会って早々、これは運命だと語ると、すぐに玲欧に交際を申し込む。

さらに昼休みも玲欧にべったりする郁は、周囲の女子生徒たちの反感を買ってしまい、すぐにいじめられてしまうのだった。

そのことに気がついた愛子が助けにはいるのだが、郁は「女なんか嫌いだ」とお礼も言わずに去っていくのだった。

その話を耳にした巧が心配でやってくると、郁はさらに燃えてしまったと話すと、バスケ部のマネージャーの座を強引に勝ち取るのだった。

もちろん巧も一緒にやってくるのだが、そんな巧と話をしている愛子が放っておけず、玲欧は手を引いて用具室に入っていく。

そこで愛子は、恥ずかしいと言って玲欧を傷つけたことを謝ると、玲欧と釣り合わないのではないかと不安なのだと語る。

愛子の本当の気持ちを知った玲欧は、焦らず愛子のペースを尊重することにすると、優しくキスをするのだった。

その光景を見てしまった巧は「面白くなってきた」と笑いながら去っていくのであった。

第3話の感想はここをクリック
恋愛に関してかなり不器用な愛子の姿も可愛いですが、それをうまく支える広子の友情もまたいいですね。
 
そして現れた最強よライバルである郁と巧ですが、郁にはかなり深い闇を感じますね。
 
それでも、玲欧を狙う郁の女子力がかなり高いことから、どんな障害になるのか楽しみですね。

<見逃し動画>第2話
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第2話の公式あらすじ

デート以来、玲欧が気になってしょうがない愛子。気がつくと玲欧を目で追っている自分がいた。広子には「それは恋だよ」と言われるが認めたくない。そんな時、バイト終わりに玲欧から連絡が入る。ご飯に誘われた愛子は、舞に変身し玲欧に会いに行く。公園でバスケットボールを見つけた愛子は勝負を挑む。しかし、その勝負に本気でぶつかってこない玲欧にイライラした愛子は、思わずウィッグを外し正体をバラしてしまう。しかし、玲欧の反応は意外なものだった・・・
 
<出典>FOD公式

第2話のネタバレはここをクリック
恋じゃない

兄の経営するメイドカフェでアルバイトすることになった男勝りの愛子は、そこに普段からライバル視していた玲欧がやってくる。

玲欧が自分のことに気がついておらず、さらにそんなメイド服姿の自分に恋をしたことを知った愛子は、舞という偽名を使いおちょくろうと画策していた。

そんな玲欧から初めてデートに誘われた愛子は、おちょくるチャンスだと感じその誘いを受けるのだった。

しかし、普段は見せない男らしい玲欧の姿を見てしまった愛子は、翌日からその姿を目で追うようになってしまうのだった。

そんな様子を見ていた親友の広子は、それこそ恋なのだと愛子に伝えるが、愛子は「恋なんかじゃない」とその気持ちを抑えようとするのだった。

 
甘いバスケ

愛子は、アルバイトをしていても玲欧から連絡が来ないかとずっとスマホを気にしているのだった。

さらにそんな玲欧への気持ちが影響してしまい、仕事もまともに手がつかなくなってしまうのだった。

そんな悩む愛子を見た広子は、自分から連絡すればいいとアドバイスするのだが、自分の気持ちを押さえつける愛子は、頑なに連絡することを拒むのだった。

するとそんな愛子のスマホに、玲欧から「会いたい」と連絡が入ると、広子から洋服を借り嬉しそうに出掛けていくのだった。

夕食を食べに行こうという話しになるのだが、愛子は焼き肉、玲欧はラーメンと意見が割れてしまうのだった。

そんな2人が通りかかった公園に、バスケットボールの忘れ物があることに気がつくと、愛子はこれで勝負をつけようと提案するのだった。

早速バスケを始めた2人だったが、お互いに甘い言葉をかけ、動揺したところでシュートを決めるなど、楽しそうにバスケをするのだった。

 
正体をばらす

バスケをしていた2人だったが、愛子はそこで玲欧が手を抜いていることに気がつくと、本気でかかってこいと告げるのだった。

あくまで本気だったと答える玲欧に、愛子は惚れた女には手を抜くのかと、玲欧のその気持ちに怒りが込み上げてくる。

そんな玲欧の態度を見ていた愛子は、そのことがどうしても我慢できずに、ついに自分が愛子であることを伝えウィッグを外すのだった。

すると玲欧は、そのことを知っていたと告げると、それでも愛子をデートに誘ったのだと語るのだった。

騙そうとしていた愛子だったが、反対に騙されていたのかと感じてしまい、玲欧にウィッグを投げつけるとそのまま帰ってしまうのだった。

 
抱きしめる広子

その頃家では、愛子が好きなコロッケを大量に作っていた真琴は、そんなコロッケに見向きもせず部屋に向かう愛子に驚く。

すると蘭治は、家の前まで愛子を追っかけてきた玲欧に出会うと、そんな玲欧を家に上げるのだった。

兄たちが心配しながら様子を伺っていると、玲欧は部屋にこもる愛子にドア越しにその理由を語ろうとする。

しかし、悔しさが勝ってしまった愛子は、玲欧の話を聞こうともせず追い返してしまうのだった。

翌日、昨夜のことを愛子から相談された広子は、愛子を優しく抱きしめると「泣いてもいいんだよ」と優しく声をかけるのだった。

 
舞に会いに

玲欧との一件ですっかり元気をなくしてしまった愛子は、それから玲欧に近づかないようにするのだった。

そんな愛子の様子に気がついた玲欧は、舞になら会えると思ったと話し、メイドカフェのスピカへとやってくるのだった。

何事もなかったかのように平然とする玲欧を見た愛子は、自分ばかり気にしていたのかとさらに悔しさを感じてしまうのだった。

そんな玲欧たちは、バスケ部にマネージャーがいないことや、土曜日のきつい練習のことを話し合っているのだった。

すると久保は、広子や愛子にその土曜日の練習に差し入れをして欲しいのだと語ると、広子は二つ返事でそれを了承するのだった。

 
告白

そして土曜日の練習にしぶしぶやってきた愛子は、断るのも負けに繋がってしまうのだと負けず嫌いの性格を嘆くのだった。

そして男子バスケ部の練習にやってきた広子と愛子だったが、他の部員は舞が愛子であることに気がつかず、その可愛さにうっとりしてしまうのだった。

休憩中に差し入れを食べていた部員たちから少し離れたところにいた玲欧に、愛子はそっとドリンクを渡しにやってくる。

こないかと思ったと話す玲欧は、他の部員たちが愛子を可愛いと話しているのを聞き「呼ぶんじゃなかった」と呟く。

それを聞いた愛子は、その言葉にさらに怒りを感じてしまい、逃げるように体育館を後にするのだった。

そんな愛子を追っていった玲欧は、強引に愛子を引き留めると、そこで最初から気付いていたこと、そして愛子に一目惚れをしていたことを伝え、改めて告白するのだった。

玲欧のまっすぐな瞳に心を動かされた愛子は、自分の気持ちもまた玲欧にあることを告げるのであった。

第2話の感想はここをクリック
まさかの玲欧が正体を知っていたとは驚きですが、それ以上に玲欧の恋心にもより驚きました。
 
恋愛下手の愛子がそのことに気がつかない様子や、舞になることで本当の心がでるなどとても印象的なシーンでした。
 
自分の気持ちに気がついた愛子がこれからどう玲欧と関わっていくの楽しみにしたいですね。

<見逃し動画>第1話
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第1話の公式あらすじ

花風高校女子バスケ部エース・香住愛子の日課は永遠のライバルで学校イチのモテ男、男子バスケ部エース・天野玲欧とのバスケ対決!懲りずに毎朝毎晩勝負を挑んでは負けっぱなし・・・。そんなある日、親友の広子からバイト先のメイドカフェ「スピカ」のピンチを救って欲しいと頼まれる。しかしメイドの格好が嫌な愛子は土壇場でやらないと言い出す。愛子の性格をよく知る愛子の兄で店長の律希は愛子を挑発する。負けず嫌いの愛子はまんまとメイドとしてバイトすることに・・・。そこへ玲欧が現れた!愛子はメイドのフリフリ衣装姿を見られたくなくて隠れるが、玲欧に話しかけられ・・・。「名前は?」と聞かれた愛子はとっさに大学生の戸田舞になりすます。そして玲欧にデートに誘われ驚く愛子だが、正体がバレてないと信じてOKする。闘争心に火がつき玲欧を惚れさせてやる!と意気込む愛子。そして2人はデートに行くが・・・
 
<出典>FOD公式

第1話のネタバレはここをクリック
オレの敵は天野玲欧

花風高校に通う香住愛子は、女子バスケ部のエースであり、そんな愛子の日課は男子バスケ部のエースである天野玲欧と勝負をすること。

毎回のように負けてしまう愛子だったが、懲りずに毎日のように勝負を挑み続けるのだった。

今日もこてんぱんにやられてしまった愛子は、ロッカーに行くとその悔しさをむき出しにしながら「玲欧はオレの敵だからな!
」と叫ぶのだった。

その頃、毎日のように勝負を挑まれる玲欧だったが、そんな必死な愛子が面白い存在だと感じており、遊んでいるんだと友人に語るのだった。

その翌日、家でも元気一杯な愛子は、3人の兄たちからもその男勝りな様子に呆れられてしまうのだった。

元気一杯に出掛けていった愛子は、校門で玲欧を見つけると、また懲りもせず勝負を挑むのであった。

そこでまたしてもやられてしまった愛子は、玲欧を応援するファンの数でも負けてしまい、さらに闘志を燃やしていくのだった。

 
恋の風

お昼の時間になると、愛子は親友の北内広子とともに屋上でお弁当を食べながら、またも玲欧にやられてしまったと話すのだった。

恋愛に関してまったく興味を示さない愛子を見ていた広子は、らしさを感じる反面、少しだけ心配だと語るのだった。

広子は、周囲が恋愛やエッチに関して色々興味を持つなか、バスケと玲欧との勝負ばかりに気をとられている愛子が恋愛に関して興味がないことが心配なのだと語るのだった。

恋なんか知らなくても生きていけると語る愛子の耳に、広子は息を吹きかけると、その衝撃に愛子は驚く。

そんな愛子に、広子は恋愛をするとこれの何倍もの衝撃が体を走り抜けるのだと説明するのだが、愛子は今一つピンとこない表情で聞いていた。

そんな広子は、今現在その恋愛に関して困っていることがあると語ると、協力して欲しいと語りかけるのだった。

 
まさかの才能

愛子が連れてこられたのは、広子が憧れる愛子の兄である律希が経営するメイドカフェの「スピカ」であり、そこで強引にメイド服を着させられるのだった。

広子は、急にバイトの人が辞めてしまい、営業のピンチなのだと語ると、律希のために働いて欲しいと語るのだった。

今まで男の子っぽい洋服しか着てこなかった愛子は、いきなりメイド服を着させらることに抵抗を感じるのだった。

しかし、ウィッグをつけた愛子を見た広子や律希は、そのあまりの可愛さに驚くのであった。

それでも、そんな格好で人前に立つことを嫌がる愛子に、律希はこれも勝負なのだとけしかけると、愛子は表情を一変させ次々と接客していくのだった。

するとその可愛さや普段の負けず嫌いが功を奏し、多くのお客さんの心をつかんだ愛子は、次々と売り上げを上げていくのだった。

 
これも勝負だ

そんな「スピカ」で働いていた愛子たちのもとに、同じ高校に通う久保たちがやってくる。

なんとその中には玲欧もいて、広子は咄嗟に愛子を隠そうとするのだが、うずくまる愛子が気になった玲欧は心配になり近くにやってくる。

その時ズボンに飲み物を溢してしまった愛子は必死に謝ると、そんなメイド服姿の愛子に気付かない玲欧は、その可愛さに一目惚れしてしまうのだった。

名前を聞かれた愛子は、咄嗟に祖母の名前である戸田舞と名乗ってしまい、そんな愛子に玲欧はデートを申し込むのだった。

心配する広子をよそに、愛子はこれも勝負であり、本気で惚れさせたら自分の勝ちなのだとデートを受けることにするのだった。

 
玲欧の意外な一面

玲欧に誘われ、海にデートにやってきた愛子は、慣れないヒールに戸惑いながらも、季節外れの海を満喫するのだった。

靴を脱いで海辺に入った愛子は、ちょっとしたはずみで転んでしまい、助けに来た玲欧とともにびしょ濡れになってしまうのだった。

さらに最終バスを乗り過ごしてしまった愛子たちは、タクシーを捕まえない限りは帰ることが困難だと話すのだった。

すると玲欧は、ラブホテルの看板を見つけ、愛子は緊張しながら、そのラブホテルへと入っていくのだった。

我慢できなくなった玲欧は、愛子との距離を縮めようとするが、緊張している愛子の姿を見て我に返るのだった。

一緒のベッドで寝てもいいと話す愛子だったが、玲欧は大切にしたいのだと語りソファで寝ることにする。

そんな玲欧の優しさに安心したのか、愛子はそのまま眠ってしまうのだった。

翌朝、目を覚ました愛子は、本当にソファで眠り続けた玲欧の優しさを知り、その返りも優しくエスコートする玲欧の姿に驚く。

するの玲欧は、愛子に向かって「本気で付き合って欲しい」と告白すると、その言葉にドキドキした愛子は「これは恋ではない」と自分に言い聞かせるのであった。

第1話の感想はここをクリック
同名少女漫画の実写化ということで、平祐奈さんがボーイッシュな女の子を演じており、その可愛い姿とのギャップに驚きました。
 
ボーイッシュな女の子が女の子っぽい服を着たら可愛くなるというありきたりな展開でしたが、メイド服姿の祐奈さんは本当に可愛かったですね。
 
恋愛にまったく無頓着だった愛子が、イケメンの玲欧に告白され、これからどんな展開になるのか、楽しみにしたいと思います。

ヒミツのアイちゃんの内容

公式サイト

超負けずギライの高校生・愛子(平祐奈)は、いつも男子バスケ部のエース・玲欧(佐藤寛太)と張り合っている。何かと男子の練習に飛び入り参加しては闘いを挑むが、完璧すぎる玲欧にいつも負けてばかりだった。そんなある日、愛子は、兄・律希(MASATO)が経営するメイドカフェで、親友の広子(吉田志織)と一緒に働くことになった。フリフリとしたメイド服と、ロングヘアのウィッグで大変身した愛子。そこにたまたま玲欧がやってきて焦った愛子は、女子大学生の「舞」と名乗り接客することに。ところが、「舞」に一目惚れした玲欧にデートに誘われてしまう!
 
<出典>FOD公式

<出演者>

平祐奈(香住愛子)/佐藤寛太(天野玲欧)/吉田志織(北内広子)/大和田南那(森川郁)/別府由来(森川巧)/水沢林太郎(久保健司)/鈴木ゆうか(笈原柚香)/MASATO[THE BEAT GARDEN](香住律希)

第1話から最新話まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「FODプレミアム」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

ヒミツのアイちゃんの感想

50代男性

ライバル意識が高い女子バスケットボール部のエース愛子は、いつもレオに負けてばかりです。ライバル高校の男子バスケットボール部レオは、決してライバルなど思っていません。すぐライバル意識を持つ人はプライドが高くて負けず嫌いな性格です。女子にしておくにはもったいない存在の愛子ですが、男子に興味があるようには見えませんでした。ひょんなことからメイドカフェで働くことになり、変装をして舞と名乗っています。ショートカットからロン毛にして女子らしくなりました。誰も愛子とは気づいていないように見えます。客で来たレオは舞を見て一目惚れしてしまいます。付き合って欲しいと言われて困惑する舞ですが、愛子ではなく仮の姿の舞が好きなのではないかと思っています。このまま秘密にしておけるわけがありませんが、いつ愛子だとばれてしまうのか時間の問題だと思われました。レオに本当のことを言ったら、最初から愛子だと知っていたと言います。愛子とレオは正式に付き合うことになり、恋愛経験がない愛子にとって思わぬ展開です。レオは多分、バスケをしていた時から気になる存在だった気がします。メイドで女子らしい姿を見たのが決め手になった感じがします。

20代女性

FOD配信ドラマ「ヒミツのアイちゃん」を観て、「2つの異なる可愛らしさ」と「秘密を守り切れるのか」が特に魅力的だと思いました。まず、2つの異なる可愛らしさについてです。このドラマでは、気が強い女子高生・愛子の様子が描かれます。愛子は、ある日メイドカフェでアルバイトをすることになり、幼なじみの玲欧に舞という別人だと嘘をついて、舞としても玲欧と仲を深めていくことになります。ボーイッシュな可愛らしさを持つ愛子本人の姿と、ロングヘアで女性らしい格好という可憐な可愛らしさという2つの違う可愛らしさを見せる愛子に、夢中になって観ていました。次に、秘密を守り切れるのかについてです。愛子は、舞は自分だと玲欧に打ち明け、恋をしていることを告白し交際を始めます。しかし、クラスメイトたちに玲欧との交際を内緒にするために、愛子は舞としての姿で玲欧とデートをするなどして恋人としての時間を楽しんでいきます。玲欧や愛子に好意を持つ人々の目をかいくぐり、愛子は無事に舞という別人になっていることをばれずに、玲欧との恋を続けていくことができるのか、ドキドキしながら観ていました。また、密かにデートを楽しんでいく2人にときめきながら観ていました。

50代男性

兄が経営するメイドカフェで親友と一緒に働くことになったそんな愛子が乙女心に火がついて凄く胸キュンな展開となる。働いていると一緒に共同作業する。そのような中で恋が生まれるということもまんざら理解できないということもなく、すごくリアリティがあると感じられた。とっさの判断で愛子が”舞”という女性を名乗り接客するというところは、すごく乙女心が表現されているとされうまい演技であった。小心者な愛子かと思えば実際にライバル心に火がつき負けず嫌いな面を見せるというところも女性独特の心境が分かりやすく再現されていると感じられた。また、ドラマの主題曲という1on1という曲、サビの盛り上がりはすごく良いのでこのドラマとマッチングすることを請け合い。すごく素晴らしい出来とあると感じられました。男勝りで負けん気が強い、そんな愛子のはつらつな感じと曲の内容がとてもマッチしていると感じました。私は今回主演を演じる平祐奈さんを初めて知ったのですが彼女のキリリと上がる眉毛と愛子の負けん気の強さがすごく合っていて素晴らしい配役であると感じられました。しかしながら全会一致の美女ではなく言い寄られる男性が多い本作品ではいささかな思いがするのではないかと感じられました。もう少し繊細な部分を見せるために少しばかりのダイエットが必要なのかもしれません。しかしながら妖艶女優の女王深田恭子のポスト深田恭子として活躍をしている未来が見えるので今後に期待したいと思います。

20代女性

前からずっと大好きな平祐奈を主演としているドラマ作品なので見てみることにしました。他の誰よりも負けず嫌いで男子とでも張り合って頑張る平祐奈の姿は、実生活においてもそのようなキャラクターなのではないかと思わされるほど似合っていて、役がピッタリでした。メイド服を着た菅田はそれまでとはまた違った雰囲気がでていて女性としてとても可愛いかったです。私が男子でそのお店に行ったとしたら絶対に平祐奈に惚れてしまうだろうなと思うくらい女子から見ても完璧で、彼女が憧れです。また、玲欧役を演じている佐藤寛太が最高にイケメンで驚きました。彼のことをドラマをみるまで知らなかったのですが、高い演技力も持っているのでこれから注目したいなと思える存在です。内容はもちろん面白いのですが、明るくポップな雰囲気が常に出ているので明るい気持ちで視聴できるという点で満足しています。このドラマはFOD限定作品であるということなので、FODを利用している人で特に若い世代の方たちにぜひおすすめしたいです。平祐奈のかわいさに釘付けになること間違いなしです。コミックが原作となっていて大人気なそうなので、ドラマと照らし合わせながらまた読んでみたいなと思っています。

40代女性

平祐奈さんが主演したドラマ「ヒミツのアイちゃん」。平さん演じる愛子が日課がバスケ部のエース・玲欧とのバスケ対決なのが笑えました。きっと玲欧が勝っても涼しい顔しているからよけいに負けず嫌い魂に火がつくのでしょうね。兄が経営するメイドカフェでバイトすることになった時も負けず嫌いを利用されてたし、まっすぐ過ぎるのも損するなぁと思っちゃいました。メイド姿は衣裳の効果もあってか可愛かったです。見た目は可愛いので中身が乙女ならもっとモテるのに。玲欧がお店に来て大学生の舞として接客していたけど、すぐに見抜かれてたのは前から気になっていたのでいいきっかけになったしよかったねと思いました。付き合うようになってからも玲欧のことを知られたくない愛子が可愛かったです。ほんとツンデレ系って知っていると応援したくなりますよね。玲欧が言いたくて仕方ないみたいな感じなのも分かりますが、複雑な乙女心を分かって~?と思っちゃいました。学校内に玲欧の親衛隊がいて舞子に挨拶させてと言って来たり、玲欧を想う双子が現れたりと最後まで見応えがありました。モテる男を彼氏にすると何かと大変そうだなぁとも思いました。愛子の乙女な部分がとにかく可愛かったです。

30代女性

本の設定とはまた違うのかもしれないけれど、見ていて『キュンキュン』するシーンがたくさん出てくるので、お子さんには見せられないラブストーリーだと思えました。主人公は女の子だけど、モテ度を競うターゲットが同じ女の子って設定もよく理解できなかった点でした。もちろん、恋に落ちるのは男の子なんだけど無理矢理な展開もあって、視聴者は置いておかれてしまう展開が多少見られました。学園ものって見方もできるのは良かった点で、勉強、スポーツ、友達関係などにも触れています。のちのち、ライバル関係っていうのも出てくるんだけど、そこまでのストーリーは恋物語でした。特に後半につれて乙女の願望が全面に出てくる設定みたいで、彼氏ができたらこうしたい、こうしてほしいっていう妄想していた事をしてくれていました。初Hの展開がすごく気になるもので、2人ともラブラブすぎて、視聴するこっちが目をふせたくなったり、頬を染めたくなるくらいニヤニヤしながら視聴しました。テンポも良かったと思いますし、音楽もストーリーに合っていました。肉体関係持ってからも、こんな恋愛がしてみたかったっていう内容が盛りだくさんだから、恋愛ベタだったり、苦手な男女にも参考になると思えました。